弁護士が教える! 円満な結婚生活を長く続けるヒケツ3つ

【相談者:30代女性】
最近、2年半付き合った彼と結婚しました。まだ新婚で仲も良く毎日とても楽しく過ごしていますが、テレビでは不倫や離婚のニュースが多く、ずっとこのような関係を続けられるか不安もあります。

円満な結婚生活を長く続ける秘訣があれば教えてください。

a 恋愛は非日常でも、結婚は日常の生活です。プラスを増やすよりも、マイナスを減らす努力をすること!

ご質問ありがとうございます。フェミニストのyanと申します。

2年半の恋愛期間を経てのご結婚、おめでとうございます! いただいたご質問を元に、新宿区に事務所を構える夫婦問題専門の弁護士にインタビューをしました。

恋愛と結婚で大きく異なるところは、恋愛は非日常のロマンチックさを楽しむもの、結婚はリアルな日常を生きるものだということです。

恋愛中はあなたの良いところばかりに目がいくものですが、生活となれば小さなことの積み重ねが思わぬトラブルを生むことも

お互いにとって心地よい生活空間をつくるための努力が必要でしょう。

160422yan02

(1)「行ってきます」のキスより、「お帰りなさい」の笑顔

毎朝の「行ってきます」のキス、新婚の夫婦にはよく見られる光景なのではないでしょうか。

もちろん、毎日欠かさずキスをすることは精神的に満たされるだけでなく仕事の生産性アップなどの効果も報告されており、とても素敵なことだと思います。

これはプラスです。では、マイナスは?

夫の帰りが遅いとき、急な残業や付き合いが入ったとき、ついつい嫌な顔や空気で迎えていませんか。

もし連絡なく遅く帰ってきたことを注意したいのならば、疲れて帰ってきたときではなく後日、穏やかなトーンであなたの気持ちを伝えましょう

嫌な顔や険悪な空気は、家庭での居心地を悪くし家に寄り付かなくさせる原因になります。せっかく気持ちよく送り出したのに、お帰りなさいでマイナスをつくらないで!

(2)頼まれないサプライズより、小さな頼まれごとを確実に

喜ぶ顔が見たくてサプライズでプレゼントを渡したり、夫の好きな料理を作ったりするのはとても素敵なことです。

でも、それはあくまであなたがしてあげたいこと。重要なのは、彼がして欲しいことを汲み取って確実にしてあげられるかどうかです。

たとえば、彼が朝「そろそろシャツが少なくなってきたな」とぼやいたら、その日のうちに汚れ物をクリーニングに出して最短で取りに行く、彼が好きなおつまみやよく使う日用品が切れる前に買い足す、といったこと。

え、そんなこと? と思われるかもしれませんが、どれも日頃から彼のことを考えていないとできない愛情溢れる行動であり、この小さな愛情の積み重ねが生活をより円滑・円満にするのです。

(3)「ありがとう」を貯金して、許しの材料に

繰り返し言うように、結婚は生活です。

どんなに家庭円満のためにあなたが努力をしたとしても、何十年と一緒にいる中ではときに裏切られたと感じることや、相手に腹を立てることもあるでしょう。

どうしても許せず我慢ならないとなれば、一生一緒にいるという約束を果たすことはできません。許さないことは簡単、一方で許すことはとても難しいことです。

でも、家族は許し合うことができます。

子どものとき、親に心無い言葉をぶつけて傷つけたり悪いことをして先生に呼び出されたりしても、親は決してあなたを見放したりしなかったですよね。

ある程度のことは広い心で許すことができるように、日頃から彼のあなたに対する思いやりや愛情を敏感に受け取って、それに対する「ありがとう」の気持ちを積み立てておきましょう


いかがでしたか? 長く円満な夫婦生活を続けるためには、それ相応の努力が必要です。

あなたが努力をした分、相手もきっと応えてくれるはず。小さな思いやりや愛情をずっと忘れずに持っていたいものですね。

●ライター/yan(フェミニスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする