洗うタイミングはいつ? メイク道具を清潔に保つメンテナンス方法4つ

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

4月も半ばを過ぎ、だんだん暖かくなって湿度も上がってきましたね。

東京の冬は砂漠並みの湿度、といわれているようにとても乾燥しているのですが、一方で夏は湿度が南国より高い日もあります。

そうなると気になるのが、スポンジやチップ、ブラシなどメイク道具の汚れ

冬場よりも雑菌が増殖しやすいですし、毎日使うものなので洗うタイミングがつかめないという方も多いのではないでしょうか?

今日は、そんなメイク道具のメンテナンス方法についてお伝えしていきますね!

160420wada

メイク道具のメンテナンス方法4つ

(1)スポンジは数回使ったら取り換えましょう!

毎日肌に触れるファンデーション用などのスポンジは、中性洗剤やスポンジ用のクリーナーでこまめに洗うのがベスト。私はスポンジ用のクリーナーを使っています。

乾いた状態でクリーナーをなじませて、汚れが浮き上がってきたら流水でよく洗い流し、水を切って乾かします。

もちろん何回でも使えるのですが、だんだん色が沈着してくるので、数回洗ったら新しいものに取り換えるようにすると良いですね。

今は100円ショップなどでも使いやすいスポンジがたくさん売られていますので、たくさんストックしておくといつでも清潔なスポンジでメイクができますよ。

(2)ブラシは乾かし方に注意!

アイシャドウから眉、チークなどに幅広く活躍してくれるブラシも、専用のクリーナーで丁寧に汚れを落として流水で洗いましょう。

特に濃い色のアイシャドウがついているものは、数回その工程を繰り返してみても良いかもしれません。

また、ブラシは乾かし方がポイント。よく水を切ったらティッシュでブラシの先端をくるんでおくことで、毛先が広がらないように乾かすことができます。

ある程度、乾いてきたらティッシュを外して、完全に乾くまでそのままにしておきましょう。

乾ききった後に毛先を指でほぐしてあげれば、また新品のような柔らかさに戻りますよ。

(3)チップは使い捨てタイプもあるんです

アイパレットなどを購入すると、必ずチップがついてくると思います。最初はもちろん使いやすいのですが、これをずっと使っているとどんどん表面がボロボロになってきますよね。

ほとんどのチップは洗うことができないので、困った記憶が私にもあります。

そんなときに見つけたのが、使い捨てタイプのチップ。ドラッグストアや100円ショップで購入できます。

これなら気兼ねなく定期的に取り換えられて常に清潔に保てるので、まぶたの表面にも安心して使えます。

(4)ビューラーはこまめに汚れをふき取って!

意外と忘れがちなのがビューラーの汚れ。アイメイクの後にビューラーをすることが多いので、汚れが付きやすいですよね。

毎回のメイクの際には必ずティッシュでふき取ってあげることをおすすめします。


いかがでしたか?

メイク道具のメンテナンスも女子力の一環です。よく晴れたお休みの日に一斉にやってみても良いですし、こまめにメンテナンスしてみても良いかもしれません。

ぜひ次のお休みにチャレンジしてみてくださいね!

【参考文献】
・『「読む」美容事典』濱田マサル・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする