面倒でもやって損ナシ! 既婚者が語る“結婚式”を挙げるメリット3つ

【相談者:30代女性】
このたび、結婚することになりました。そこで、式をするかどうかで迷っています。私も彼もアラフォーで、若くないから、派手なことをするのはちょっと……ということもあります。

けれど、何よりいろいろめんどくさいという話も聞いて、ちょっとおっくうになっています。ドレスと着物の写真は残したいと思っていますが、式はしたほうがいいんでしょうか?

友人にも相談しましたが、したほうがいいとは言われました。

a 結婚式は、人生で主役になれる日。たくさんのセレブレーションを浴びておくと、後の生活で困ったときにその思い出が助けてくれます。

こんにちは、恋愛コーチの田端裕司です。このたびは、おめでとうございます。ご質問、ありがとうございました。

少し年齢が上がってからの結婚だと、式をするのは抵抗があるっていうのはよく聞く話です。

周囲の既婚者に意見を聞いてきました。まずは、そちらをお伝えしましょう。

160422tabata

挙式に関する既婚者たちの声

『私は昔、ブライダルの仕事をしていたので、結婚式が日常になっていました。だから、職場の人に簡単に祝ってもらったくらいで、他に何もしなかったんです。でも、今思えば、2人でめんどくさくてもいろいろ準備して、式をしとけば良かったのかなって思います。式の準備も良い思い出になると聞いたことがあるし、しとけば別れなくて済んだのかもと思っちゃうときがあります』(30歳女性/団体職員)

『私の感覚だと、親族の顔合わせや友人たちへの感謝が一度にできるっていうのが大きなポイントですね。式をしても、しなくても、親族の方や友人からご祝儀をいただけるわけじゃないですか。そのお礼をするのが1回で済むっていうのがいいですね。式をしないと、何回かにわけて個別にあいさつへ行かないといけないじゃないですか』(32歳女性/教師)

『結婚式の準備から実際の式までって、男はほとんど動いてくれなくて、女が準備をするパターンが多いんですね。だから、結構ケンカして相手に不満を持つことが多いんです。けれど、式、披露宴をして、みんなから祝福されて、式も準備も大変だったけど、やって良かったって思えるんです。しといて損はないんじゃないですかね』(37歳女性/公務員)

3人の方に、挙式するメリットをあげていただきました。いかがでしたでしょうか。

結婚式って、するまでは決めなきゃいけないことだらけで面倒なことが多いのですが、やるだけのメリットが私はあると思います。

結婚式の準備は初めての本気の共同作業

結婚式の準備や式は、初めての2人の共同作業です。だから、お互いの今まで見えなかった部分が見えることになります。

時間の制約もあって、2人の意見がぶつかりあって、ケンカになることも増えます。結果、マリッジブルーになったり、別れたりすることになるわけです。

本気だからこそ、絆が生まれる

でも、そこを乗り越えたカップルはしっかりとした絆が生まれます。

結婚生活は、2人にとって良いことばかりではないし、悪い時期もたくさんあります。そんなときに、式の準備で生まれた絆が2人を支えてくれます。

結婚式を挙げることで、たくさんの祝福を浴びることは人生でそうあることではありません。

最初で最後の機会になる可能性さえあります。ここで、しっかり祝福を受けておくことによって、これから2人でがんばっていこうという気持ちがより強くなるのです。

お世話になった人に感謝を伝える機会にもなる

最後に、両親、友人、お世話になった方に今までの感謝を言う機会なんて、ほとんどないですよね。

結婚式は1つの区切りです。お世話になった方に、一度にお礼を言えることは結婚式以外にありません。ご祝儀のことも含めて、今までの感謝を伝えることも大事なのではないでしょうか。

もちろん、無理にとは言いません。でも、小さな式、パーティーでも、やっておいて損はないのではないかと思います。

●ライター/田端裕司(恋愛コーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする