できないワケじゃない? 独身女性たちが“あえて”結婚しない理由4つ

こんにちは。コラムニスト・フリーライターのRICHAです。

私も結婚適齢期と呼ばれる年齢になって軽く数年が経ちました。周囲では23、4歳ごろに結婚ラッシュがあり、そこから数年経った27歳ごろに第2ラッシュがありました。

第1ラッシュはほとんどがデキ婚で、みんな流れで結婚するパターンが多く焦りを覚えることはなかったのですが、第2ラッシュはそうはいきません。

仕事にまい進し、数年間付き合った彼からのプロポーズ、そして結婚を決意という段階を踏んだ結果を目の当たりにしてしまうと、未婚ライフを満喫している気になっていた私は大いに焦りました

そして、それからは未婚ライフを満喫しているように見せかけることで、私は周囲から“結婚できないかわいそうな女”というレッテルを貼られぬよう必死に戦っていたのかもしれないと気付いたのです。

さて、話が少々ズレましたが、TBSの2016年4月から始まる春ドラマでも、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』というなんとも心へ訴えかけてくるタイトルのドラマが始まります。

そこで、私の周囲の“あえて結婚していない”女性へその理由を聞いてみました。

160413richa01

(1)そもそも彼氏がいない

『会社の人に「結婚はまだか~?」なんてセクハラまがいのことを聞かれるけれど、そもそも彼氏がいない。そんなに必要とも感じていない。いつかは結婚もしたいな~とは思うけれど、現実味がまだまだ薄い』(25歳女性/広告関連企業勤務)

23歳~49歳の独身女性の10人に7人は彼氏がいないという調査が数年前に『電通総研』から発表された際、本当に本当にびっくりしました。

婚活という言葉もまだ浸透していないころにもかかわらず、「これはヤバい」と戦々恐々としたことを覚えています。

結婚結婚と言いますが、相手あってのこと。彼氏がいなければそりゃ結婚もできません。

(2)仕事が忙しい

『彼は結婚の話をよくしますが、私はやっと仕事でやりたいことを任されはじめて、今が一番やりがいのある忙しい時期。職場の結婚している女性を見ていると、二の足を踏んでしまいます』(28歳女性/イベント企画会社勤務)

周囲の既婚者に幸せそうな方がいないと、結婚へのモチベーションは下がりますよね。

彼女の仕事は拘束時間も勤務地も先の休みも見えない流動的なもの。“結婚”がワークスタイルの妨げになることを恐れていました。

誰よりも忙しく飛び回り、1人暮らしの家にその日その日で異なる時間に帰宅する生活。

きっと気心知れた相手と言えど、知らないうちに、「申し訳ないな」「一緒に住んでいるのにすれ違いばっかりだな」「彼はどう思っているんだろ」……そんな気持ちが日々堆積してしまいます。

その堆積キャパは人それぞれだとは思いますが、いつも周囲の人間に気を使ってくれる彼女には心配が残るのでしょう。

(3)自由でいたい

『彼氏はいいけど、結婚には義務が付いてくる気がします。何か“しなくちゃ”と思うことが私には何よりもストレスなので、今みたいに自由な生活を続けたい。マンションも買ったので、あとはバリバリ働きたい!』(33歳女性/飲食店経営者)

これはよく聞く理由ですが、男性の方が多いかな?

まあ、でもですよ。未婚の私が言うのもなんですが、結婚って一大決心だけれど、自分の好きなことを徹底的に制限したり、嫌だと思うことを義務だからと行ったり、そんな苦行のようなものではないと思うんです。

きっと自分を自由でいさせてくれる結婚の形もあるはず。とはいっても、未婚と既婚で人間としての優劣があるわけでもないので、自分が後悔しない気持ちいい人生を送ることが何よりも幸せかもしれません。

(4)望む相手に巡り合えない

『昔から周囲には少々高望みだと言われてしまう条件を掲げているため、そもそも条件に合う相手にすら出会うことができません。合コンや婚活パーティーにも進んで参加し友人から紹介もしてもらうのですが、なかなか巡り合えません』(26歳女性/会社受付)

26歳でこんなことを言っていてはいけません。このまま婚活をしていると、どんどん条件ばかりがつり上がり、それとは反対に自分の市場価値は下がっていくと言われています。

いろんな男性とお付き合いすると、その中で削ぎ落とされていきシンプルな譲れない条件というものが見えてきます。

しかし、下手に彼氏すらつくらずにいると生身の男性サンプルがないので、絵空事のような理想から離れられなくなってしまう……。「本当にあった怖い話並みに怖いことになっているよ!」と彼女には伝えました。


以上、結婚していない理由について調べてみました。あくまでも周囲の人へのアンケートなので、これらが全てではありません。

自分は結婚したいのか、結婚しないのか、できないのか、したくないのかがハッキリしていると、「結婚しなくちゃ」という変な焦りが少しは解消されるのではないでしょうか。

●ライター/RICHA(コラムニスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする