あなたの強みは何? 自分の魅力が輝く“出会いの場”を見つけるコツ

【相談者:20代女性】
私はアラサー女子です。学生時代から付き合ってきた彼と20代の半ばに別れてから、出会いがありません。周囲に年齢の近い男性がいないわけではないのですが、興味が持てなくて。

結婚、出産はしたいと思っていますが、このまま何事もなく30代に突入してしまいそうです。自力で見つけられる自信もないので、結婚相談所のようなところに登録しようかなと考えてしまいます。

やっぱり自然な出会いを求めるのは無理なんでしょうか?

a 自分がキラリと光るところに行きましょう。すると、なぜか出会いは向こうからやってきます。

こんにちは、恋愛コーチの田端裕司です。ご質問ありがとうございました。

“出会いは偶然の産物”とはよく言ったもので、自然な出会いって今の世の中ではなかなか難しいと思われるかもしれません。

しかし、出会って、付き合って、結婚している人がいるのも事実です。違いはどこにあるのでしょうか。

160412tabata

婚活の商品は自分である

この本はビジネス書なのですが、ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう―「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』にはこう書いてあります。

ザックリ言うと、ありふれた物や普通の人でも高い価値を持つことができる市場はどこにあるか考えよう、ということです。ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

恋愛の場合、商品はあなた自身です。つまり、あなたが異性にとって魅力的に見える市場はどこか考えようということです。

たとえば、学歴や年収は高いけれど初対面の人と話をするのがちょっと苦手な人がいたとしましょう。こういった人がコンパに行ったとしたらモテるでしょうか?

コンパはやっぱり、面白いことを言うことができたり、初対面でも物おじせずに楽しくおしゃべりできたりする人がモテる場所です。当然、話が苦手な人はモテにくいですよね。

逆にスペックは高いわけですから、スペック重視のお見合いや結婚相談所のようなところではモテやすいわけです。

自分が輝く場所で相手を探すことが大事

このような感じで、自分の強みを生かせるところ、自分が輝くところを考えて探してみてほしいのです。

私は地味で目立たないから、と尻込みしてしまうかもしれません。しかし、人はみんな強みもあれば弱みもあります。あとは、どの場所で自分を魅力的に見せることができるかなのです。

実際、職場で輝くことができる人は職場で、趣味で輝くことができる人は趣味のサークルや教室で、学生時代に目立っていた人は学校で知り合っています。

自分の良いところを周囲に聞いてみる

ここで疑問が出てくると思います。「自分の強みって何だろう?」ってことですよね。

まずは、自分の信頼できる友人、できれば異性の友人に聞いてみてください。お世辞ではない意見を聞くことが自分の価値を知る第一歩になると思います。

好きなことを一生懸命やる人は魅力的に見える

もし、聞ける友達がいなかったり聞いてもよくわからなかったりしたら、自分の好きなことをやり続けてください。別に仕事でも趣味でも何でも構いません。

好きなことを一生懸命やっている人って魅力的に見えるものです。あなたにだってそういった経験があるでしょう。

ぜひ、自分の魅力が増す場所を探してみてください。そこに出会いがあります。

【参考文献】
・『マーケット感覚を身につけよう―「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』ちきりん・著

●ライター/田端裕司(恋愛コーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする