運命をガラリと変える! 既婚者との復縁すら成功させた禁断の最終手段

[PR] 『たった1週間で彼から追われる立場になったんです……』(31歳独身OL・千夏さん/東京都練馬区)

彼は38歳の方で、彼の素性もよくわからないまま付き合い始め、深い関係を持ち、ちょうど半年くらい経過したときでした。

彼の誕生日のお祝いをする予定だったのですが、当日、突然キャンセルのメールが来て、その3日後、一方的に別れのメールが来ました……。

私も彼が薄々、既婚者とわかっていましたが、彼への愛情を抑えきれず、結局は“愛人”という立場に自己陶酔していただけだったのだと、今から思うとそう感じています。


実際、スリルのある危険な関係に、今まで感じたことのない“快感”すら感じていたのも事実です。

ただ、そんな曲がった愛も彼と会えない日々が続く中で真実の愛に変わっていったのだと、何を言っているかわからないかもしれませんが、今、客観視できる自分がいる中で、そうなんだと確信しています。

実際、彼が奥さんと愛し合っている夢を見たり、次第にはかわいい女性と一緒に歩いている男性に幻覚なのか今でもわからないのですが、彼と間違えて声をかけてしまったりする始末……。

しまいには、仕事が終わって家に帰るのですが、夜の23時ぐらいになると、彼の自宅の前でカーテン越しに彼を見ている自分がいました。

そして、いつの間にか睡眠薬を飲まないと眠れなくなってしまう日々が続きました……。

心配した友達が、「最近、くまがひどいけど、大丈夫? たまには飲もうよ」と誘ってくれて、飲んでるときは前向きな気持ちになるんですが、酔いからさめると、どうしようもない焦燥感にかられてしまい、彼のことは忘れ、新しい男性はすぐ見つかると頑張ってはみてもその気持ちは持続せず、同じことを繰り返す日々……。

気が狂いそうな日々のなかで、白黒はっきりしたいと思ったときに検索して出てきたのが『スピカ』でした。

電話占いは過去にやってみたことがあったけど、彼と付き合い始めてからは一切占いには興味がなくなっていました。久しぶりにやってみようかなと思い、わずかな望みをかけて電話してみました。

私自身も電話をかけ始めたときのことや、先生に電話が繋がったときのことなど、全く覚えていないのですが、今でも先生がおっしゃった第一声だけは鮮明に覚えています。

「肩の荷を下ろしていいのよ、そんなに自分を追い詰めないで」

その言葉を聞いた瞬間、体の筋肉が緩む感覚と同時に、涙腺が一気に緩み、涙がドバっと溢れ出しました。

そして先生の話はさらに続き、私自身、予想はしていたものの、知りたくない“真実”を受け入れることから逃げていた私を、残虐に打ちのめしたのです。

「彼は結婚しています」

その言葉を聞いた瞬間、緩んでいた筋肉が一瞬にして硬直し、身動きが取れませんでした。

ただし、その後にさらに予想だにしなかった“未来”を先生は照らしてくれたのです。

「ただ、彼はあなたのことを愛しています。全てをあなたに捧げるために、彼は今取るべき手続きを進めています」

さらには、「1週間待ちなさい、そうすればあなたに幸せが訪れるでしょう」と。

その力強い断定的な言葉に体中に寒気が走り、見えるわけもない先生の瞳孔が開いた目に見つめられ続けた私は、まるでギリシャ神話に出てくるメデューサに見られた人間のように、数分間、石のごとく固まり、ピクピクしていたことは今でも忘れません。

翌日、朝目覚めると、ここ半年ほど感じることができなかったぐらい、透き通った気持ちに。彼に対する思いも、子どものころに感じた清々しい愛へと変わっていたのです。

「あなたに幸せが訪れるでしょう」という言葉がそうさせたのかもしれません。

そして、なぜか、不思議と彼は確実に戻ってくるという自信まで湧いてきたのです。

そしてその1週間後、彼から電話がありました。

「会って欲しい」と。

私は何もビックリしませんでした。“運命”は何かのきっかけでいくらでも変えることができ、自分の思っている方向に全ては進むもの、先生がおっしゃった言葉を体現した瞬間でした。

そして、その日は朝までその時間が永遠に感じるくらい愛し合いました。

最後は少し、顔を赤らめながら話を終えた千夏さん。

このように、不倫や復縁専門の先生に相談することで、余計な考えや雑念から解き放たれ、しっかりとした方向に進み、よりを戻す人は他にも多くいるとのこと。

スピカ』は初指名10分無料、気になる人はまずは無料鑑定から試してみてはいかがでしょうか。


追伸:今、恋愛の悩みを抱えている方へ。

あなたは 1人じゃない。きっとどこかで誰かが、救いの手を差し伸べている……。

ただ、今はそれに気付かずにいるのだと思います。私は『スピカ』で救われました。

どんな悩みでも答えはどこかにきっとあります。自分では解決できない悩みがある方にはちょっとした勇気を持って、『パンドラの箱』を開けてみることをお勧めいたします。

【関連リンク】
「当りすぎて怖い」と言われる伝説の占い『スピカ』

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

恋愛jpをフォローする