マッサージは逆効果!? 美容のプロが教える顔がデカくなる原因と解消法

【相談者:20代女性】
最近、顔のたるみというか、顔がでかくなった感じがして気になっています。

マッサージなどもしているのですが、効果が感じられずに「小顔になりた~い!」と切実に思っています。

エステなどに通わずに小顔効果をアップさせる方法があれば教えてください!

a デカ顔の原因はズバリ“たるみ”です!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

ふと鏡を見たときに「あれ、なんか顔がでかくない!?」と思うことはよくありますよね。

ただ単にむくんでいるということもありますが、デカ顔の一番の原因は“たるみ”だといわれています。

年齢とともに気になる頬のたるみが、顔をひとまわり大きく見せてしまうのです。今回は小顔効果をアップさせる秘訣を美容業界で働く女性たちに聞いてみました!

160404haruna

顔のたるみの原因を知ることから始めよう

顔のたるみは、肌のコラーゲン繊維を支えている『エラスチン』がダメージを受けたり、減少してしまったりすることが原因といわれています。

つまり加齢が原因ということなのですが、実はもうひとつ“筋肉の衰え”も要因になっています。

筋肉が衰えてしまうと、その周りの皮膚がたるんでしまうというわけなのです。加齢には逆らえませんが、筋肉の衰えなら鍛えることでたるみ解消にアプローチできます!

エステやマッサージよりも“よく噛む”こと

たるみを解消するために自宅でマッサージをしている方も少なくないはず。でも過度なマッサージをすると、かえってたるみが悪化してしまうこともあるそうです!

『顔の筋肉はとっても薄いので、過度にマッサージすると筋肉が伸びてしまい、たるみが悪化してしまうケースもあります』(エステティシャン/32歳)

顔の筋肉を保つためには、マッサージよりも“よく噛むこと”が大切なのです。筋肉を保つためには、普段から筋肉を使うことが大事。

1日3回の食事でしっかり噛むだけで、筋肉が鍛えられる……実践しない手はありません!

『噛むだけで筋肉が鍛えられて、フェイスラインが引き締まります。たるみを予防するリフトアップ効果も得られるので、しっかり噛んで食べるようにしています』(エステティシャン/28歳)

ひと口20回~30回を意識しはじめたら、自然と顔が引き締まってきました。消化も良くなったおかげで太りにくくなったのもうれしいです!』(美容師/26歳)

噛みごたえがある食材で顔の筋肉を鍛えよう!

よく噛んで食べる習慣に慣れていたら、噛みごたえがある食材を意識することも大切です。

レンコン、ごぼう、エリンギ、こんにゃく、タコ、イカなど噛むのが少し大変な食材が顔の筋肉をより鍛えてくれるといわれています。

切り干し大根、糸こんにゃくなどかたい食材を取り入れることもオススメですよ。

『かたい食感の食材を食べると、自然に噛む回数が増えます。筋肉が鍛えられて、シャープなフェイスラインになれるはずです!』(エステティシャン/32歳)

『最近は噛む力がない方が増えていると感じます。ガムを噛む習慣で筋肉を鍛えるのもいいと思います!』(エステティシャン/34歳)

まとめ

年齢ととともに気になってくる顔のたるみ。なんだか顔が大きくなった!? と感じたら“よく噛んで食べる”意識をして小顔効果、リフトアップにアプローチしてみましょう!

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする