プロポーズが嘘!? エイプリルフールに渡された婚姻届を提出しても有効か

【相談者:20代女性】
一緒に住んで3年になる彼に「結婚しよう!」とプロポーズをされました。ダイヤの指輪と記入済みの婚姻届を渡され、私は有頂天に。

ところがその日の夜、彼が「実はエイプリルフールの嘘だったんだ」と言い出したのです。指輪もガラスの偽物でした。

もうショックでしばらくはご飯も食べられませんでした。

数日経って、このときもらった婚姻届をまだ捨てていなかったことに気付いたのですが、これを勝手に提出しても有効でしょうか?

a 形の上では婚姻したことになりますが、大問題に発展する場合もあります。

ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の篠田恵里香です。

プロポーズが嘘だったなんて、本当にショックですよね。お気持ちは分かりますが、この婚姻届を勝手に出すことは絶対にNGです。

仮に役所に受理されたとしても法的には無効となってしまい、場合によっては犯罪が成立する可能性もあります。

160328erikashinoda

提出したら、訴えられちゃう!?

婚姻届は、当事者の一方のみで役所に提出することができます。その際、婚姻届の記載欄に不備がなく、添付書類もそろっているのであれば、役所は当事者の意思にかかわらずこれを受理します。

したがって、仮に当の本人に“婚姻の意思”がなかったとしても、法的には婚姻届は正式に受理されたという扱いに一応なります。

そのまま放置しておけば、“婚姻関係”はそのまま残ります。

ただ、婚姻届については、“形式的に受理されたとしても、そこに本人の婚姻意思がなければ、その婚姻は無効”とされています。

無効とする手続きは、婚姻無効の調停→裁判という流れになりますが、そこで“彼に結婚の意思がなかった”ということになれば、結論として婚姻は無効となってしまいます。

3つの犯罪になることも……

通常、勝手に婚姻届を出すというケースは、本人欄に勝手に署名押印をし、この偽造した婚姻届を役所に提出するという流れになります。

この場合、婚姻届を偽造した点は『有印私文書等偽造罪』、この婚姻届を役所に提出した点は『偽造私文書行使罪』

さらに役所に虚偽の記録をさせた点は『公正証書原本不実記載罪』という犯罪が成立し、実は3つもの犯罪が成立することになります。

今回は、相手が実際に署名押印しているので偽造とまでは言えないかもしれませんが、少なくとも公正証書原本不実記載罪が成立する可能性はあります。

しっかりと二人で話し合って

婚姻届を出してしまった後、彼が、「受理されたなら覚悟を決めよう」と夫婦生活を継続してくれれば、後から同意したということで婚姻は有効となりえます。

ただ、勝手に提出する行為は二人の信頼関係に傷をつけますし、犯罪も成立しうる行為なので絶対にやめるべきですね。

今回の件は、「心から喜んだのに嘘だとはショック。あらためて結婚のことをどう思っているのか教えてほしい」と真剣にお話をしてみるのがいいのではないでしょうか。

そこで真剣に話し合いに応じてくれる彼であれば、あなたも今回のことを許してあげられるのでは?

●ライター/篠田恵里香(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする