告白にデメリットなし! 都合のいい女を本命にシフトさせたきっかけ3つ

【相談者:20代女性】
好きな人の本命になりたいのですが、どうしたらいいでしょうか。アルバイト先で知り合って半年。彼とは心もフィジカルな面も相性ぴったりで、悩み相談などのLINEも毎日のようにしています。

お互いフリーだし、付き合いたいと思っています。というか、ほとんど彼女のような存在になっていると思うのです。

でも、彼には他に気になる子がいるらしく、私から「付き合って」とは断られそうで言えません。付き合う前に深い関係を持ってしまった場合、彼氏彼女になるのは無理ですか?

a 返事がNOでもYESでも、気持ちを伝えることにメリットあり。

こんにちは。ライターのティッシュまみれ子です。

通常は付き合ってからキスをしたり抱き合ったりするもの。相談者さんの場合は、その順番が逆になってしまったということですね。

現在はフィジカルな関係を続けつつ、メンタル面でも親密になっている。でも、彼氏彼女ではない……。

このパターンから本命彼女になるというケースが非常にまれであるのは、広く知られていることと思います。

彼は相談者さんの心と体を手に入れるにあたって、何のリスクも背負っていません。「今さら責任なんて、重いだけで意味のないもの背負いたくない!」というのが本音でしょうね。

とはいえ、“都合のいい女”から“本命彼女”に昇格するケースもまったくないわけではありません。今回は男性の実体験を参考に、どのような条件がそろうと本命になれるのか考えていきましょう。

160329tissue

(1)タイミングが命

『女友達もほとんどいなかったし、出会いもなかった。そういう時期に1番親密だった子に告白されて、惰性で付き合った』(20代男性/自営業)

このように、相手に恋人候補がいない場合は本命になれる確率も上がります。逆に、彼が女性に囲まれるような生活環境にいる場合、タイミングが悪いといえますね。

(2)面倒臭い女に勝機

『都合のいい女だと思っていたのに、電話やメールもしつこいし、ちょっとしたことで泣く。面倒臭いと思いつつもなぜか逃げられず、いつの間にか愛着がわいた』(20代/美容師)

すでに“都合のいい女”になっている場合、「コイツは俺がいなくても大丈夫そうだな」と思わせたら都合のよさが加速するだけ。

むしろ、相手に逃げられる覚悟で自分をさらけ出してしまったほうが事態が好転することもあり得ます。

(3)告白を待つのは時間の無駄

『「付き合ってくれないなら会わない」と言われたから。自分もたまっていたし、形だけならいいかと思って付き合い始めた。途端に束縛されて、なんだかんだあって今じゃ交際歴6年。来年結婚する予定です』(30代男性/営業職)

相談者さんの場合、断られるのが怖いのですよね。でも、都合のいい女から抜け出したいなら告白はマストです。

今のままでは、彼だってあなたの“都合のいい男”状態なんですよ。手に入れたいものがあるなら、まずは自分からリスクを背負いましょう(すでに十分背負っているともいえますが……)。

もしフラれたとしても、都合のいい女状態を抜け出せるのだから告白にメリットはあるのです。

まずは行動してみましょう

お互いフリーなのだし、お若いようだし、今の関係を思いっきり楽しんでみてもいいと思います。でも、相談者さんは彼女になりたいと望んでいるのですよね。

それならば、何もしなくてもいつかは彼女になれるはず、なんて甘いことは考えないことです。

『狂気とは、同じことを繰り返しておきながら違う結果を期待することである』という名言は道理(出どころはアインシュタインとも、リタ・マエ・ブラウンともいわれています)。

というわけで、まずは行動を起こしましょう。

●ライター/ティッシュまみれ子(ライター)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする