傷んだ髪も見違える! 美容師に聞いた正しいシャンプーの方法6STEP

【相談者:20代女性】
彼に「髪、傷んでるね~」と真顔で言われてしまいました。確かにパサパサしていて指どおりも悪いです。シャンプーを変えてみてもあまり改善されず……。

もしかしたら洗い方が悪いのかも? 毎日のケアで美髪を取り戻す方法があれば知りたいです!

a 正しいシャンプーで美髪を取り戻そう!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

髪の傷みを改善するためには、使用するシャンプー剤よりも洗い方が重要だといわれています。正しくシャンプーを行えば髪のツヤもよくなります!

今回は美容師さんたちに聞いた頭皮と髪を健康にする正しい洗髪方法をご紹介します。

160330haruna

シャンプー前に重要なのが“ブラッシング”

シャンプーの前に、髪のからまりやほこりを取るためにブラッシングを行うのが◎。頭皮の血行を促進して、顔のたるみを予防する効果もあるのだとか。

さらに、頭皮の古い角質を落として新陳代謝を促す効果も期待できます! 髪にダメージを与えないように毛先の方から軽くブラッシングをしましょう。

『シャンプー前に乾いた髪の状態でブラッシングするとツヤがよみがえります。ブラッシングの際には天然素材で先の丸いものを使用するのがオススメです』(30歳/美容師)

『ふんわりヘアが主流でブラッシングをする人が減っていますが、実は頭皮と髪を健康にするために欠かせないケアです。ぜひブラッシングを!』(28歳/美容師)

洗うたび美髪に! 正しい洗髪方法は?

シャンプーで洗うのは髪よりも頭皮。シャンプー剤をつけたら指の腹を使って頭皮の汚れをしっかり落とすのがポイントのようです。

(1)お湯で洗う

シャワーでしっかりと汚れを落とします。お湯だけで2分程度洗うと、それだけで髪の汚れの7割くらいが落ちます

『シャンプー剤をつける前にお湯だけでしっかり洗うのがポイントです』(32歳/ヘアメイク)

(2)水気を切る

水気を切ります。水気をざっと切った方が少ないシャンプー剤でもしっかりと洗えます。

(3)泡立てる

シャンプー剤を手にとって泡立てます。洗顔のときと同じように、髪につけるまえにしっかりと泡立てましょう

『泡立て具合も重要。洗顔ネットを使ってふわふわの泡にするのもオススメです』(30歳/美容師)

(4)洗う

シャンプー剤をつけて頭皮をマッサージするように洗っていきます。爪を立てると頭皮にダメージを与えてしまうので、指の腹を使います。

(5)すすぐ

しっかりとすすぎます。シャンプーのときよりも時間をかけてすすぎ、タオルで水気を絞りましょう。

(6)ドライヤー

ドライヤーは髪の根元から乾かしていきます。濡れているとキューティクルがはがれやすくなるので、しっかりと乾かすようにしましょう。

『ドライヤーは髪に悪いから少し湿った状態でいいやと思っている方は要注意! 濡れた髪はキューティクルがはがれやすいので、しっかり乾かすことが大事。ダメージが気になる方はタオルドライを念入りに』(29歳/美容師)


美容師さんたちに話を聞きながら、正しいシャンプーの仕方をまとめてみました。

髪の傷みは年々悪化してしまうもの。いつものシャンプー方法を見直して、健康的な頭皮と髪を保てるように頑張りたいですね!

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする