アラサー女子必見! シミを薄くする栄養素3つと簡単美白レシピ

【相談者:30代女性】
最近、急にシミが増えてきました。鏡を見るたびに濃くなっているような気がして心配です。

コンシーラーで隠しているけど、彼と接近するときは、「シミ目立ってないかな?」とドキドキしてしまいます。

シミ治療は抵抗があるのでセルフケアでなんとか改善したいのですが、いい方法はありませんか?

a 食べ物で内側からシミを薄くするアプローチを!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

シミの悩み、30代になると急激に増えてしまうものですよね。紫外線を浴びるとシミのもと『メラニン』が作られて、過剰にできたメラニンを排出しきれずにシミになってしまいます。

メラニンは通常ターンオーバーとともに排出されますが、年齢とともに肌代謝がダウンするとシミができやすい環境になるそうです。

160318haruna

シミに効く栄養素を意識的にとって、美白効果アップ

紫外線対策や美白スキンケアがシミ改善に有効的といわれています。また、ケアだけではなく食べ物で内側からシミを薄くするアプローチも効果的です!

栄養学に基づいたシミに効く栄養素&食材リストをまとめてみました。代謝を促してメラニンの生成や沈着を抑える栄養をとり、シミを改善・予防しましょう!

(1)ビタミンA/ビタミンC

抗酸化作用が高いビタミンAとCを両方含んでいる食材は、お肌の代謝を高めてくれます。

(例)ほうれん草、ニンジン、パプリカ、ブロッコリー、小松菜、かぼちゃ、トマト、春菊など

(2)エラグ酸

ポリフェノールの一種で美白成分として厚生労働省の認可を得ている成分です! メラニンの増加を防ぐ効果があります。

(例)くるみ、ざくろ、クランベリー、ラズベリー、イチゴ、クコ茶など

(3)レスベラトロール

ポリフェノールの一種でメラニンの生成を抑える効果が高いといわれています。

(例)ココア、赤ワイン、ぶどう、アーモンド、ピーナッツの皮など


シミに効く食材はどれも身近なものばかり。毎日の食事に意識してとりいれてみてはいかがでしょうか?

“ほうれん草のくるみあえ”でターンオーバーを活性化!

ビタミン類が豊富なほうれん草とポリフェノールが豊富なくるみをあえた一品。ターンオーバーを整えて美白効果をアップさせることができます。

【材料】
・ほうれん草……1束
・くるみ……25g
(A)
・しょうゆ……大さじ1/2
・みりん……大さじ1/2
・砂糖、塩……少々

【作り方】
(a)ほうれん草はゆでて、水気をきって絞ったら4cmほどに切る。くるみはフライパンで軽く炒ってからすり鉢にいれて粒が残る程度に砕きます。

(b)ボウルで(A)の調味料を混ぜ合わせて、ほうれん草、くるみを入れてあえれば出来上がりです。


スキンケアと一緒に食事からのシミ対策もぜひ! 毎日食べられる食材なので、積極的に食べてシミ改善に役立ててくださいね。

【参考文献】
・『食べて治す医学大事典』主婦と生活社・編集

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする