バイ菌との闘い! 潔癖男子が「こんなズボラ女子はムリ」と思う瞬間4つ

こんにちは。ライターのティッシュまみれ子です。

坂上忍や田村淳、千原ジュニアなど、いわゆる“潔癖”な男性が増加傾向にあるのか!? と思しき昨今の男子界。

『オウチーノ総研』の調査によると、世の男性の約4割が“潔癖男子”だったのだとか(2016年2月/首都圏在住20歳~39歳の男女564名を対象)。

あなたの周りにいるかもしれない潔癖男子。彼らが女性に望むモノとはいったいどれほどの清潔感なのか?

はかりしれないものがありそうですよね。

というわけで、今回は筆者厳選の潔癖男子、隠れ潔癖男子たちに聞き込み調査をしてまいりました。

潔癖男子が思わず、「こんなズボラ女子は無理だ!」と思う瞬間についてレポートします。

160311tissuemamireko

「こんなズボラ女子は無理だ!」と思う瞬間4つ

(1)おれは知っている。外はバイ菌だらけなのだ!

バッグを地面に置く女性はあり得ない。菌がウヨウヨいるのに。その後で膝の上にのせたり、椅子にのせたり……。おそろしいです』(20代男性/MR)

『外はバイ菌だらけだから、帰宅したら必ず着替えてほしい。汚い服でベッドに座られるとキレそうになる』(10代男性/専門学校生)

見えないモノと闘う潔癖男子たち。まぁ、わかる気もしますね。

(2)土足厳禁だからね。おい、まて、土禁だと言っているんだ!

『クルマの中は土禁だと伝えているにもかかわらず、靴を脱がずに入ってくる女性。このまえドライブした子もそう。思わず大声を出してしまいました』(20代男性/営業)

『強いていうなら、ちょっと忘れ物した~と言いながらリビングまで土足で入ってしまうウチの妻。そのたび険悪な雰囲気になるのですが、結局ぼくの潔癖が悪いということで言い負かされてしまいます』(30代男性/コンサルティング会社勤務)

土足も一瞬だけならイイでしょ! と思ってしまうズボラ女子。男性の前では、遠慮したほうがいいかもしれません。

(3)中まで見ちゃいます

『チラッとですが、女性のバッグの中をのぞいてしまいます。きちんと整理されていない子が、自分的には無理。不潔だと思います』(20代男性/美容師)

まさか見られているとは……。

(4)おしゃれ・美容も清潔感からだろ!

『古着屋が好きな女の子って多いですよね。百歩譲って、洋服はいいかもしれません。洗えるから。でも靴やバッグはありえない! 他人が使っていたものですから絶対に汚いですよ』(20代男性/個人事業主)

『百貨店の化粧品売り場で、テスターを使う女。どこの誰が使ったものだか分からないのに、自分の肌に塗るなんて信じられない』(40代男性/メーカー勤務)

言われてみれば、確かにそうかもしれません。


一見、永久にわかりあえなさそうな潔癖男子とズボラ女子。しかし実は、「お互い、生きづらいね」ということで共感しあえるのではないでしょうか。

汚くても息苦しい、キレイすぎても息苦しい。こんな世の中なので、相手のことも尊重したいものですよね。

【参考リンク】
「潔癖男子」実態調査 | オウチーノ‎

●ライター/ティッシュまみれ子(ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする