職場の年下女性を自然にデートへ誘う方法を、社内恋愛研究家が指南!

【相談者:50代男性】
気になる彼女は同じ職場(高校)の教師。27歳。今年になって気になりはじめ、仕事のことで相談されたことで思いに火がついてしまいました。彼女は仕事熱心な人だけど自分だけで走ってしまいがちな危なっかしさもあるところがあり、自分がサポートしなければと思っていたところで、頼りにされていることに気付き思いが増したということもあります。年齢差28歳です。自分は気にはしませんが、相手にとってはどうか。自分がこれまで結婚できなかったのは今すぐに結婚したいという人が現れなかったのだと気づきました。彼女とは今すぐにでも結婚したいという気持ちがあります。

メールのやり取りはできるようになりました。次は個人的に話をしたいから食事などに誘いたいと思っていますが,相手に負担感を与えない誘い方を御教示下さい。また今のところ、仕事の先輩としての敬意は得ているようですが、これを対等な関係にすることが重要だと考えています。

デートに誘うまでの3ステップを心得ましょう。

ご相談ありがとうございます。社内恋愛研究家の渕上志信です。

思いを寄せる彼女に、頼られるってとてもうれしいことですよね。そんな彼女と結婚したい! 相談者さまの抑えられない気持ち、ご相談からひしひしと伝わってきました。まずは二人でお食事、一緒によい流れを作れるように考えていきましょう。

ステップ1「流れを作る」

職場は当然、働く場所です。当たり前のことを言ってすみません。相談者さまも常に恋愛モードというわけではないでしょうし、彼女もとても仕事熱心な方だとお見受けしました。

女性らしい雰囲気を出さない彼女をお仕事モードから一転させるには、徐々に恋愛モードに切り替える流れを作っていくのが大切です。とはいえ突然、女性として見ていると告白するのは引かれてしまう可能性大。ですので、さりげなく相談者さまが彼女を心配している、女性として気遣っているということを伝えていきましょう。

ステップ2「自分にとって、特別な存在だと思わせる」

年齢差28歳。尊敬の気持ちを恋愛に変えるのは難しいことだと感じているかもしれません。ですが、歳の差が魅力になることも職場恋愛のメリット。

20以上歳が離れた上司と恋愛をしている私の友人も、「合コンや飲み会で知り合っても、おそらく彼と付き合うことはなかった」と、言っています。日々の仕事ぶりをみて、頼りがいのあるところも、その裏で抱えている弱さも知ることができたから、恋愛対象として意識できたというのです。

頼りにしている人に頼られるのはうれしいこと。「あなたにはつい話してしまう」、「ほかの人にはこんなこと言えないんだけどな……」など、自分の弱みを相手にさりげなく見せることで、二人の信頼感は増していくことでしょう。ただし、あまりヘビーすぎる打ち明け話や嘘はNGです。

ステップ3「相手にキレイな言い訳を用意する」

さて、最後になりましたがご相談は「相手に負担にならないようにお誘いする」ということでしたね。ビシッと回答させていただきます。

女性にとっては何かを受け入れる時、理由が必要になります。極論ですが、「彼を愛しているから結婚する」というようなこと。一晩限りの恋でも、「私は彼のことが好きだから」とか、「彼が私を好きだから」というように、自分を正当化できる理由があると、女性は行動しやすくなります。

そこで、日ごろのコミュニケーションがポイントになります。彼女が相談しやすい雰囲気や流れを作り、彼女を特別だと伝えることで、「普段お世話になっているから」というキレイな理由を彼女に与えます。そうすれば、相談の流れなどで、「よかったら、ゆっくり食事でもしながら話をしない?」と誘えば負担にならないでしょう。

食事に行くタイミングは、できればその夜がいいでしょう。翌日や来週、先延ばしにして約束をすると彼女に考える時間を与えてしまいます。当日であれば断るすきを与えずに、信頼関係があればほぼ受け入れてくれるでしょう。

相談者さまの気持ちが彼女に伝わりますよう応援しています。

●ライター/渕上志信(社内恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (5)

恋愛jpをフォローする