恋愛運を上げよう! 風水に学ぶ“オシャレ女子”になってモテる秘訣3つ

こんにちは。コラムニストの玉恵です。

街にはオシャレな女子が溢れていますね。無頓着と言いながら、ある程度はキレイにしている女子もたくさん見かけます。

しかし、まれに、まったく無頓着な女子も。それではいけません。占いやパワーストーン、風水に頼ってばかりでは、いい恋愛チャンスを逃してしまいます。

と言っても、占いや風水が大好きな人、多いですよね。

占いを信じていない、という人でもいいことを言われると嬉しくなるでしょうし、風水で良くないということは、あえてやろうとは思わないもの。

信じなくてもいいですが、占いも風水も時には“確かに”なことを言っています。

今回は風水から、なぜ女子はめかすべきかを学んでみましょう。そしてそこから、モテる秘訣を探ってみましょう。

160310tamae

(1)下着にも気を使う

まず、下着に無頓着なのはよくないことです。

風水によると、ゴムが伸びたりくたびれていたりする下着は、気の流れを悪くするということですが、女子としてかわいいステキな下着を着用することは、恋愛においても重要なこと。

『ちょっといいな、と思った子が伸びきったスポブラしてるのを見てなえた』というのは、20代の会社員の男性。

確かにどんなにかわいい子でも、下着がだらしないと生活がだらしなさそうにも見えますし、女子としての魅力も半減ですよね。

(2)いつも同じ服を着ない

通勤だから毎日毎日同じ洋服で行く……心当たりありませんか? いつも同じファッションをしているのは、風水的にも運気が停滞するようです。

そうじゃなくても、通勤だからといって毎日同じようなTシャツとジーンズ、黒いパーカーなどでは恋愛も生まれません。

『会社の主任(30代女性)はいつも黒いパンツに黒いパーカー。制服があるとはいえ、貧乏くさいし帰りに飲み会しようとなっても誘いにくい。飲み会で“魔女”ってあだ名がついちゃった』と言うのは、飲食店勤務の20代男性。

魔女……。ひどいもんです。

黒を好む人もいるでしょうが、たまには違うオシャレをすることで、気持ちも切り換えることができます。

玉恵にも心当たりが……。気を付けよう……。

(3)白いところを白くする

若々しさを保つには、白い部分を白くするといいと風水では言われているようです。

『長くつき合った彼女の、笑った歯がヤニで茶色くなっていた。あわてて視線を下に向けたら、黄ばんだ爪が見えて彼女の年齢を感じ、落ち込んだ』と言うのは、タクシードライバーの30代の男性。

耳が痛い。加齢は仕方ないと理解してほしい反面、キレイに保ちたいとも思いますよね。

確かに歯や爪、白目などに年齢は出ます。歯はできるだけ白く。白目もキレイな白さのため、目の疲れをためないなどの努力をしましょう。

女子よ、オシャレであれ。

【参考文献】
・『やってはいけない風水 「気づいて、直す」これだけで幸運体質にガラリと変わる!』紫月香帆・監修

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする