隙あらば頭ポンポン! 男性が本命以外にもやっちゃう小悪魔テク6つ

女性のみなさま、こんにちは。ライターのティッシュまみれ子です。

ちまたでは小悪魔男子なんて言葉が流行っているようですが、どうですか? 小悪魔男子、好きですか?

いやぁ、1度は翻弄されてみたいものですが、現実は甘くありません。

小悪魔男子、筆者の周りにはいませんでした。というわけで、今回アンケートに答えてくださった方々は、いわゆる小悪魔男子とは一線を画すフツメンたち。

彼らによる、“「勘違いさせちゃうかもなぁ」と思いながらも、ついついやってしまう小悪魔的なしぐさ”をご紹介していきます。

160308tissuemamireko

男性の“小悪魔的”テクニック6つ

(1)ときめかせてやろう!

『最近、頭ポンポンっていうのを知ったんですよ! すきあらば試していますが、周囲からは不評をいただいています!』(20代男性/営業)

『妹のような雰囲気の子に限りますけど、頭をヨシヨシすること』(30代男性/タレント)

『とつぜん後頭部をなでる。1回だけ。……はい、雑誌で知ったテクニックです』(30代男性/デザイナー)

成功率は低め……という印象の頭系。上から目線のようで、不快感を覚える女性も多そうですよね。

(2)誰でもそうだよ、いい香り

髪、いいにおいだね、と言う。女性なら誰でもいいにおいしますからね』(20代男性/販売員)

『なんでこんなイイニオイなの!? と、実際はそこまで思っていないのに、大げさに言っているかもしれません』(20代男性/サービス業)

いやいや、実際、女性の香りは癒しのアロマです。クンカクンカですね。

(3)こんなの、はじめて

『相手を喜ばせるために、「初めて」という発言を連発してしまうことかな』(20代男性/公務員)

『ここまで気が合う女の子はあんまりいない、など、嘘でも特別感をアピールする』(20代男性/事務)

おまえら乙女チックか……というツッコミは野暮なのでやめておきます。

(4)荷物を持つ・席をゆずる・クルマから守る

『どんなに短い距離であろうと、荷物が重そうなら持ってあげる。「紳士だね」と言われるのが正直きもちいい』(30代男性/銀行員)

『荷物を持つなどするのは、男としてのマナーだと思っていました。今では、恋愛経験の少ない女性に勘違いされてしまうこともあり、複雑な心境です』(20代男性/美容師)

うんうん。気持ちの上では、レディファースト的なマナーなのですよね。

(5)指で直接……

『天然を装って、ガムを僕の手で口に入れてあげること(笑)。いや、そういうのが好きそうな子にしかしないけどね』(30代男性/会社経営)

この方は、どちらかといえばイケメンのたぐい。だから許されているのでしょうね。ふつう気持ち悪いですよ。

(6)なにがあっても褒める、褒めたたえる

『服装など、男ウケの悪さを気にしている子がいたら、「かわいいと思う!」と絶賛する。絶対にけなしたり、笑ったりしない』(20代男性/個人事業主)

『褒めまくる。タイプじゃなくてもタイプだという。本当に、女性であるというだけでもう好き。いてくれてありがとう』(30代男性/会社員)

本気で褒めているわけではない、ということですよね? ぜんぜん喜べないのだが……。


本命ではない女性にも、喜んでもらいたいがために、そして下心満載でやっちゃう小手先テクニック。

どこかあざとくなりきれないところが、かわいいといえばかわいいし、ウザいといえばウザいですね。

●ライター/ティッシュまみれ子(ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする