食欲に従ってOK? ルールに縛られないダイエットで健康的に痩せるコツ

【相談者:20代女性】
はじめまして。私は今までいろんなダイエット方法を試したのですが、結局どれも長続きしませんでした。

世の中に溢れているダイエットの情報は食事のルールもさまざまで、筋肉を増やすことを勧めるものもあれば、運動はさほど重要でないとうたうものもありますよね。

いったい正しいダイエット方法とは何なのでしょうか。

a ダイエット方法は参考までに。“体の声”をちゃんと聞けば太らない!

ご相談ありがとうございます。コラムニストの愛子です。

私も長年、ちまたに溢れるダイエット方法に翻弄されてきましたが、最終的に行き着いたのは“自分の心と体に正直になること”です。

この答えにたどり着いてから、精神状態も体型も安定しました。この心持ちを勧める根拠を、今日はご紹介したいと思います。

160304aikonew

ダイエットに悩んだことがない人の共通点

ダイエットに悩んだことがないスリムな知人の、食生活や運動量を探ってみました。するとそこには共通点があったのです。

【20代女性/主婦】
朝:ご主人のために作ったお弁当の残りを少々。
昼:うどん、蕎麦、おにぎりなど、質素な炭水化物のみ。
夜:だいたい自炊。野菜・魚か肉・ご飯などの定食が多い。

運動:特別なことはしていない。家事がいい運動に。

【10代女性/学生】
朝:スープやヨーグルトのみ、または食べない。
昼:学食で気分に合わせて食べる。
間食:コンビニのお菓子やファーストフード(少量)。
夜:母親の手料理。帰宅が遅ければ食べないことも。

運動:ダンス(1~3回/週)

【30代男性/俳優】
・食事をするのに朝、昼、夜の概念がない。空腹でなければ食べないが、お腹が空けば夜中でも食べる。
・時間があれば自炊する。
・お酒を飲むと食べない。
・好きなことに没頭すると、食事するのを忘れる。

運動:アクションの稽古(不定期)

【共通点3つ】
(1)カロリーや糖質量は気にしていないが、全体的に食べる量は多くない
(2)一食だけを見ると栄養バランスは良くないが、トータルすると合格点。
(3)痩せるための運動はしていないが、無理なく体を動かしている

ダイエットの知識ばかりを詰め込んだ私にとっては、驚愕の生活でした。ただし、生活を丸ごとまねても痩せるわけではありません。

彼女たちは、痩せようとしていないのに、むしろ痩せようとしていないからこそ、体の声に従って行動でき、それが結果的にスリムな体型へとつながっているのです。

“本来の自然な食欲=体の声”と向き合って

快食美カウンセラーの夏目祭子さんが、著書『食欲フリーDiet―カラダの声を聞いてキレイになる』で仰っていることをまとめてみました。

・人は本来“食欲に従って”食べていれば、自然と体型を整える能力を持っている。
・ダイエットが食欲増進や太りやすい体調への変化につながることもある。
・“本来の自然な食欲=体の声”と“偽物の食欲=ストレス解消の道具”を見分けることができれば太らない。

この本に出会ったとき、私の言いたいことを代弁していただいている! とうれしく思いました。

意志の力で食欲をコントロールしているうちは、ダイエット依存から抜け出すことはできません。大切なのは、安心して従うことができる“健全な食欲”を取り戻すことなのです。

ダイエット方法は、ルールに縛られずよりどころとして活用

ストイックなダイエットに励んでこられた方ほど、最初は体の声に気付きづらいと思います。そんなときは、自分の考えを裏付けてくれる専門家の意見を見つけるのも一つの手です。

自分がこうであってほしいと願うことが、科学的、医学的に証明されていればとても心強いでしょう。

私の場合は“糖質の取りすぎには気を付けながらも、基本的には体が欲するものを我慢せず食べる”というスタイルを、複数の専門家の考えをもとに確立しました。

良いダイエット方法を見つけたときに大切なのは、ルールに縛られるのではなく、あくまでも体の声を聞くためのよりどころとして活用することです。

【参考文献】
・『食欲フリーDiet―カラダの声を聞いてキレイになる』夏目祭子・著

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする