誰でも愛されモテ顔に! 男性を魅了する“明るい笑顔”の作り方3つ

【相談者:20代女性】
最近初めて参加した合コンの後、一緒に行った友人から「第一印象が暗い」と言われ、とてもショックでした。

自分ではそんなに無愛想にしているつもりはないのですが、確かに合コンに来ていた男の子たちともあまり話が弾みませんでした。

どうしたら明るい印象になれるのか知りたいので、教えてください。

a 笑顔で第一印象をぐっとアップさせましょう!

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。ご相談ありがとうございます。

“第一印象が暗い”というのは、自分ではなかなか気づきにくい点ですから、おそらく相当ショックを受けられたと思います。

ただ、自分でそのことに気づくことができればいくらでも改善できますよ! それを言葉にして伝えてくれた友人には感謝ですね。

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが提唱している『メラビアンの法則』によれば、人の印象は55%が視覚(顔や服装、表情など)、そして38%は香りや声などの視覚以外の五感で受けるものが左右するそうです。

初対面の人たちで集まる合コンでは、特にこれらの“外見”部分が大事になりますが、実はファッションやしぐさよりも“第一印象を明るく見せる”のに即効性があるのは、笑顔です。

笑顔が素敵な人がいたら、男性女性に関わらず、話しかけやすい感じがしますよね。今回はそんな素敵な笑顔を作るための練習方法をご紹介していきますね。

160302wada

(1)自分の笑顔の“最大値”を知りましょう

自分の笑顔の“最大値”を知っていますか? “もうこれ以上は笑えない”というくらいのビッグスマイルです。

まず鏡の前に立ち、頬の高い位置がぷくっと盛り上がるまで口角を引き上げます。その際に、口角を耳の方へ引き上げるイメージで引っ張るときれいに引き上がります。

もうこれ以上引き上げられない、というところが、あなたの笑顔の“最大値”です。この状態を1分維持するのは非常に大変ですよね?

笑顔を作るというのは実は自然にできることではないので、毎日時間があるときや鏡の前に立った際に練習してみましょう。

(2)美しく見える、お気に入りの笑顔を見つけましょう

“最大値”がわかったら、今度は“お気に入りの笑顔”を探してみましょう。“最大値”から徐々に口角を緩めて、自分の表情が一番美しく見えるポイントで口角を止めます。

その際に、歯を出した方が“笑っている感覚”を見ている人に与えやすいので、なるべく前歯2本とその両サイド1~2本は見えるくらいにしてみましょう。

この一番美しく見える笑顔の位置を覚えることで、写真を撮る際にはこの笑顔を作ることができるようになります。

写真を撮ってみて、思ったほど笑っていなかった、という経験がある場合にはぜひともチャレンジしてみてください。

(3)“口元を閉じた微笑み”をマスターしましょう

一番美しく見える笑顔から口元を閉じ、少しだけ口角を下げたものを“微笑み”と言います。

この“微笑み”は日常のあらゆる場面で使えますし、無愛想に会話してしまう癖のある人は、この“微笑み”を意識しながら会話するだけで印象は格段にアップします。

ただ、注意したいのは“目元が笑っていない”状態になりやすいことです。

“最大値”の笑顔の際には、目元に涙袋や盛り上がりができるのですが、“微笑み”になると目元の力が緩み、目だけが笑っていない状態になります。

鏡の前で練習する際にも、目尻を引き下げたり、涙袋に少し力を入れたりすることで、目元を微笑ませてみてください。

柔らかくて控えめな、好感度の高い“微笑み”が完成しますよ。


いかがでしたか? 笑うということは皆さん日常的にしていることですが、笑顔を作るというのは練習なくしては難しいものです。

毎日少しずつ練習していけば必ず美しい笑顔ができますので、お時間があるときやちょっとした時間にぜひチャレンジしてみてくださいね。

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする