マンネリ化は防げる!? 恋愛を長続きさせる“愛の三角理論”とは

【相談者:20代女性】
彼ができても、すぐに別れてしまいます。ほとんどが1年も続きません。

最初の2〜3か月はとっても楽しいし、「この人ならきっと大丈夫!」と思えるのですが……。マンネリ化を防いで、ずっと幸せでいる方法を教えてください。

a 恋愛が長続きしない原因は、愛の三角理論が崩れているから。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

出会って間もないうちは「これから会える」と思うだけでドキドキしたり、些細なメッセージのやりとりをするだけで愛情を感じたりしますよね。

しかし、そのドキドキ感や情熱が冷めてくると、会うのも、話すのも、メッセージのやりとりをするのも“当たり前”に。

ついには、「どうしてもっとマメに連絡してくれないの?」「もっと優しくして!」なんて文句まで出てきてしまうことも……。

心理学者スタンバーグが提唱した『愛の三角理論』によると、恋愛を長続きさせるためには“親密性”“情熱”“コミットメント”の3つを維持することが大切。

相談者さんの恋愛には、どれかが欠けているのかもしれません。一緒に、愛の三要素のバランスをチェックしてみましょう。

160302nao

愛の三角理論

次の3つの中に、「これ無かったな〜」と思えるものはありますか? そこに、相談者さんの恋愛を長続きさせるポイントが隠れています。

(1)親密性

親密性とは、“親しみの深さ”のこと。

よく「似た者同士がカップルになりやすい」と言いますが、相手があまりに自分とかけ離れていると、身近に感じることができず愛情が薄れてしまいます。

一方で、お互いのことを理解したり信頼しあったりすることで、親密性を深めていくことが可能。付き合う期間が長くなればなるほど、深めやすい要素でもあります。

恋愛を長続きさせるためには、お互いをよく知り信頼し合うことが大切です。

(2)情熱

情熱は、“相手にどれだけ夢中になれるか”という要素。愛情も、“育てていく”ための原動力が必要です。

「この人のためなら頑張れる」と思えるか、「ちょっとくらい忙しくても(自分の予定を変更しても)、あの人と会いたい」と思えるか。

情熱の大きさを確認してみましょう。いつも相手より自分を優先させてしまう場合は、情熱が足りない可能性があります。

(3)コミットメント

コミットメントは、“離れられない”気持ち。お互いが一緒にいることの必要性を感じ、一緒に過ごすことに幸せを感じているかどうかが重要です。

「好きだよ」「愛している」など、愛情を伝える言葉がけをしあっていますか? コミットメントの強さは、伝え合い、“確認し合う”ことで実感することができます。

ポイントは3つの“バランス”

親密性はお互いに深く知り合わなければ築けませんし、情熱やコミットメントの強さは伝え合わなければ感じることが難しいもの。

3つの要素のうち「感じていないな」「感じさせてあげていないな」と思ったものは、感じられる相手を選んだり、積極的に気持ちを伝えたりする必要があります。

「この人となら、ずっと一緒にいたい!」。そう思える素敵な男性と出会って、親密性を築きながら情熱や愛情を伝えるコミュニケーションを心がけてくださいね。

相談者さんの愛の三角理論バランスが整い、運命の人と結ばれますように。

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする