ストレスフリーに! 恋愛ホルモン「オキシトシン」の効果と増やし方3つ

こんにちは、現役ホテルマンライターのtoMoeです。

皆さんは『オキシトシン』というホルモン物質をご存じですか? 俗に恋愛ホルモンと言われている『オキシトシン』。

情緒を安定させそれによって癒しを感じさせたり、女性ホルモンが分泌され女子力UPにつながったりする効果があるそうです。

そんな女性にはうれしいホルモン物質、『オキシトシン』の活用方法をご紹介したいと思います。

オキシトシンの分泌の仕方3つ

そもそも、オキシトシンはどのように発生するのでしょう。代表的な方法をご紹介します。

(1)他者に触れる

好きな人に触れられるととても嬉しいですよね。ハグをしたり頭を撫でられたりすると安心するのは、オキシトシンが分泌されているからなのだそうです。

赤ちゃんがお母さんに頭を撫でられながら眠ってしまうのも、同様の効果で安心するからだと言われています。

160304tomoe

(2)犬と触れ合う

ワンちゃんを飼っている人は、一緒にいる時間はとても安らぎますよね。このとき、なんとワンちゃん自身もオキシトシンの血中濃度が高くなるそうです。

さらに興味深いのは、この結果は“犬好きな人”に限った結果であり、あまり犬に興味のない人はオキシトシンが上昇しないそうです。なんとも人間らしい結果ですね(笑)。

(3)好奇心を持つ

新しいことへ挑戦したり興味を持ったりすることは神経伝達物質を刺激し、オキシトシンを分泌させるのだそうです。

もちろん、異性に対しての興味も好奇心という点で同じことなので、“恋”をすることも効果的だと言われています。

オキシトシンが増えるとどうなるか

オキシトシンが分泌されることによって脳がリラックスし、ストレスが消えて幸福感を得ることができるそうです。

また、それにより血圧の上昇を抑える効果もあるので、アンチエイジングの効果もあると言われています。

ストレスフリーな生活を送れて、さらに美容効果もあるオキシトシン。なんて魅力的なホルモン物質なのでしょう……。

自分を輝かせるホルモン物質『オキシトシン』

いかがでしたか? 恥ずかしながら、私もこの記事を作成するまでオキシトシンという言葉さえ聞いたことがありませんでした。

自分にストレスがあると人に優しくする余裕がなくなり、大切な人を傷付けてしまうことがあります。そんなときはぜひ意識してオキシトシンを分泌させてみてください。

人に優しくすればきっと自分に返ってきますからね。

【参考文献】
・『オキシトシン―私たちのからだがつくる安らぎの物質』シャスティン・ウヴネース・モベリ(著)
・『人は愛することで健康になれる(愛のホルモン・オキシトシン)』高橋徳(著)

●ライター/toMoe(現役ホテルマンライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする