ケンカも倦怠期も阻止! 恋人とのこじれた関係を修復する“鏡の法則”

【相談者:20代女性】
彼と付き合い始めて1年がたちました。私がイライラしているときに話しかけられると、つい突っかかってしまい、喧嘩になってしまいます。

逆に、彼が「面倒だ」と思って私の話を適当に聞き流していることも多いような……。

付き合いたてのラブラブでなくてもいいけれど、このままでは一緒にいて幸せだと感じられません。

どうしたら彼がもう一度、私に心を開いてくれるようになるでしょうか。

a 相手との関係性を変えるカギは“自分”にある。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

関係性が深まり、お互いのことをよく知るようになると、安心感からまるで家族のように“気楽に”接することができるようになりますよね。

とはいえ、彼は“家族”ではありません。

相手を嫌な気持ちにしてしまったときに「家族だし(一生付き合っていくのだし)、これくらいはしょうがないか」というような気持ちで許してもらえるとは限りません。

また、彼だけに言動の変化を求めるのもナンセンス。「なんで俺だけが変わらなければならないんだ!」と余計にこじれてしまいます。

二人の関係は“お互い様”。相談者さんのこれまでの言動が、今のお互いのコミュニケーションのカタチに表れています。

今の関係性を変えたいのなら、“相談者さんが相手に届けるもの”から変えていく必要があります。

160226nao

関係性のこじれや倦怠期は“鏡の法則”で乗り越える

野口嘉則氏は、著書『鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール』のなかで次のように述べています。

『現実に起きる出来事は、一つの“結果”です。“結果”には必ず“原因”があり、その原因は、あなたの心の中にあるのです。つまり、あなたの人生の現実は、あなたの心を映し出した鏡だと思ってもらうといいと思います』

鏡の法則によると、自分の人生で起こる出来事は、自分の心を映し出す“鏡”のようなもの。

変えたいと願う“よくない状況”や“人とのこじれた関係性”は、自身の発したものや行動したことによって引き起こされた結果だということです。

相談者さんと彼とのコミュニケーションも、相談者さんの言動が引き起こした結果。最近の出来事を振り返ってみてください。

どんなときに、お互い嫌な気持ちになってしまったのか?

彼がイライラしている相談者さんに話しかけたとき、イライラにまかせてぶっきらぼうに返事をしていませんか?

彼が興味のなさそうな様子だと、「どうせ適当に返事をしているんでしょ?」「どうしていつもちゃんと聞いてくれないの?」と相手を疑うような態度をとっていませんか?

相談者さんが、彼から同じような態度で話しかけられたらどうでしょう?

イライラにまかせて言いたいことをぶちまけられたり、「どうせ聞くつもりはないんだろ?」と最初から疑ってかかられたりしたら……。

そんな言動をとられたら、同じようにイライラした気持ちで言葉や行動を返してしまいますよね。

カップルの喧嘩は、内容なんて些細で、たいして関係ないこともしばしば。

それよりも、「相手が思いやってくれない」と感じること自体にイラっとしてしまうのです。

鏡の法則を上手に活用して、彼に愛情たっぷりの感情を届けましょう。

そうすれば、彼からも同じような言動が返ってくるようになり、お互いに心地よく、思いやりを持って接し合えるようになります。

まずは「ありがとう」から

「そうは言っても、どんなことを話せばいいのか分からない……」。

今までイライラを直球でぶつけてきた場合、いきなり思いやりのあるコミュニケーションに切り替えるのは勇気がいるし、照れくさいですよね。

そんな場合は、感謝を伝える「ありがとう」から始めるのがおすすめ。

ちょっと興味がなさそうだけど、自分の話を聞いてくれた彼には「なんでちゃんと聞いてくれないの?」の代わりに「聞いてくれてありがとう」の言葉を贈りましょう。

聞いてくれたことに感謝すれば、「せっかく聞いてやったのに」と不快な気持ちにさせることはありません。

「話してスッキリしたのならよかった」「聞くだけなら、いつでもできる(またしてあげよう)」と思ってもらえれば、今よりもっと良い関係性に発展していけます。

「なんで私ばっかり?」は相手も同じ

「どうして私ばっかり気を使ったり、我慢したりしないといけないの?」。きっと相手も同じ。

相談者さんが何も変わらずに彼にだけ態度を変えるように迫っても、事態はこじれるばかりです。

まずは、自分が変わりましょう。自分が話していること、していること、表情や態度に対する返事が、今の彼からのコミュニケーション。

彼からの返事を変えたいのなら、自分から発信するものを変えていく必要があります。

彼が心を開いてくれるよう、相談者さんも心を開いて接してください。鏡の法則で、彼から愛情が返ってくるようになりますよ。

【参考文献】
・『鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール』野口嘉則・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (7)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする