過去のトラウマが原因!? 彼にフラれる心配ばかりしてしまう心理と対処法

【相談者:20代女性】
相談させてください。私にはお付き合いをして半年の彼がいます。

会っているときは「大事にされているな」と思えるのですが、普段連絡がなかったりメールの内容がそっけなかったりすると、「もう愛されていないのかも……」とものすごく不安になるんです。

先日も「好き? 好き?」と確認すると、「なぜいつも聞くの?」と嫌そうにされました。このままだと本当に嫌われそうで、怖くて仕方がありません。

a 私はいつも愛されている!! そう思える自分に成長していきましょう。

ご相談いただき、ありがとうございます。仲人士の忽那里美です。

「彼に本当に愛されているのか、不安で仕方ない」というお気持ち、実は程度の差はあれ、誰でも感じる思いではないでしょうか?

“大好きな人に嫌われたくない”ですものね。

ただ、いつも不安で「好き? 好き?」と確認していると、お相手は「自分のことを信じてもらえていないのか?」という気持ちになっていきます。

このコラムで“なぜいつも愛されているか確認せずにはいられないのか?”をご説明し、これからのあなたの気持ちの持ち方をお伝えします。

160222kutsuna

「彼は私を嫌っている?」と不安になる理由

まず、ご相談者さまのように「彼は私を嫌っているのかも?」「そのうち愛してくれなくなるかも」と不安になりやすいのは、“拒否感受性が高い”ことが原因のひとつです。

2人の未来を想像するとき、「自分は受け入れてもらえる!!」「これからもずっと愛される」と考えるより、「いつか拒否される」「彼は私のもとから去っていく」という不安な予想をしてしまいがちなのが特徴です。

そこで彼に何度も「まだ好き?」「私を嫌いになっていない?」と確認したくなるのです。

彼から「大丈夫だよ」「好きだよ」と言ってもらうと、一瞬は安心するのですが、また時間がたてば振り出しに戻り不安になる……。

この繰り返しは、あなたも、確認し続けられる彼にとっても決して良い状況ではありません。

「好きだから一緒にいるんじゃないか!! いい加減に同じことを聞くのはやめてくれないかな?」と不信感を持たれ、面倒に思い始めます。

結果、あなたの心配している通り“彼は去っていく”ことになりかねません。

実はあなたが今やっていることは、“好きな人は私から去っていく”という仮説を立証しようとしているようなものなのです。

「私はいつでも彼に愛されている!!」と、今あなたが決めればいい

どうしてそう思うようになったのか、お心当たりはございますか?

・以前、大好きな彼にとても冷たくされて、去られたことが今も忘れられない。
・仲の良かった親友に裏切られた。
・両親から無償の愛を受け取っていないと感じている。

など、その傷が今も癒されず残っているのが原因では? とも考えられます。

そこで、「私は過去につらい経験をしたから、こんなふうに不安に思うのは仕方ない」と諦めることもできます。

一方、ここ数年注目を浴びている心理学者アドラーをご存知でしょうか?

「性格は変えられる」「トラウマなど存在しない」「嫌われる勇気を持て」などの幸福論を掲げている彼の言葉に、『遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない。どんな過去であれ、未来は「今ここにいるあなた」が作るのだ』というフレーズがあります。

以前のつらかった経験を引きずり、今回も「振られるのではないか?」「彼は去っていくのではないか?」と疑い続けるのか、過去の体験をバネにして未来を切り開く道を選ぶのか?

それを決めるのは、他でもない“今現在のあなた次第”という考えです。

今一度、大切な彼を思い返してみてください。彼はあなたを裏切るような軽薄な人ですか?

そして、もうひとつ大切なことを忘れています。あなたは彼を幸せにしていますか?

自分ばかりが「幸せにしてほしい。私を悲しませないでほしい」と考えてはいませんか?

「好き? 本当に好き?」と彼を問い詰めて、不安にさせてはいませんか?

素敵な恋をしているのです。せっかくならば「私はいつでも愛されている!!」という仮説を当てにいきませんか?

大丈夫。応援しています。

【参考文献】
・『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』小倉広・著

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (25)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする