決め手はコレ! 外国人カレシに結婚を意識させたキッカケ5つ

【相談者:30代女性】
付き合って2年になる外国人の彼がいます。自分の年齢を考えると結婚したいのですが、彼から結婚の話が出ません。彼に結婚を意識してもらうにはどうすれば良いでしょうか。

外国人の彼に結婚を決めてもらうためにやるべきことを教えてください。

a まずは、語学力を磨いて彼の両親との距離を縮めましょう。

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。

彼に結婚を意識してもらうには、何をすれば良いか……? パートナーが外国人だと余計に分からなくなってしまいますよね。

今回は、既に国際結婚されている方が、交際中に結婚を意識してもらうために努力したことを聞いてきましたので、参考にしていただければ幸いです。

160226coco

外国人彼氏の結婚の決め手はコレだったのかも! ポイント5つ

(1)語学力を磨いた

『語学力を磨いて、パートナーのご両親との距離を縮めた』(40代女性/自営業)

語学力は磨けば磨くほど、パートナーとの距離はもちろん、パートナーのご両親との距離も縮むもの。

やはり、いつまでたっても日常会話程度でいっぱいいっぱいでは、将来のことを真剣に話し合おうと思ってもらえない場合もあります。

語学力を磨けば、現状の関係からの進展が期待できそうですね。

(2)移住するための仕事を探した

『パートナーの住む国へ移住するために仕事を探した』(40代女性/自営業)

お互いが自国でそれぞれ自立した生活をしていると、そこから将来のことを想像する機会を逃しがち。

どちらかが相手の国へ移住することで距離が縮まるのはもちろん、経済的に安定していることで、結婚してからのライフスタイルもなおさら計画しやすくなりますね。

遠距離恋愛に終止符を打って、パートナーの国へ移住、そして就職することで結婚に近づく可能性が高そうです。

(3)彼氏を日本へ呼んだ

『パートナーを日本へ呼び、両親へ紹介したり、育ってきた環境を目で見てもらったりした』(30代女性/専業主婦)

国際結婚は、お互い全く違う環境で育ってきた二人がこれから生活を共にするのですから、文化の違い、習慣の違い、価値観の違いなど、あらゆる“違い”をお互いが理解し合って歩み寄ることが最重要です。

結婚前に日本に呼び寄せ、ご両親を紹介したり、日本がどういう国なのかを知ってもらったりすることで、彼もあなたがどんな場所でどんな風に育ってきたかが分かり、より仲を深められますね。

(4)彼氏のお母さんと仲良くなった

『彼のお母さんと仲良くなって料理を教えてもらい、「これでいつでも作ってあげられるよ!」と彼にアピールした』(50代女性/自営業)

食文化の違いによる問題は避けて通れない国際結婚。彼も、結婚後の食事の心配をしている可能性ももしかしたらあるかもしれません。

彼のおふくろの味をマスターすべく、彼のお母さんにお願いして伝授してもらいましょう! 彼ママと仲良くなれるチャンスでもあるので、彼に結婚を意識させるにはとても良さそうですね!

(5)長期滞在で会いに行くようにした

『ずっと遠距離恋愛で、会えたとしても1週間程度だったので、思い切って仕事を辞め、休みの取りやすいフリーターになって、会いに行くときは1か月以上の長期滞在にした』(30代女性/エステ勤務)

遠距離恋愛で会えるのは年に数回、それも毎回1週間程度だと、このままずっとこの生活が繰り返されるような気がするものです。将来を想像しようにも、見えてこないという可能性もあります。

滞在を1か月以上の長期滞在に変えることで、彼もあなたとの“日常”というものが現実になります。

そして、このままずっと一緒にいたいと思うようになり、“結婚”を意識しだすかもしれません。思い切ってライフスタイルをガラリと変えてみるのも手ですね。


試せそうなことはありましたか? また何かありましたら、いつでもご質問くださいね。お二人の幸せをお祈りしています。

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする