会見でゲス不倫認めた! 宮崎議員は「ミスコン好き」「着物フェチ」…複数女性と関係も

2月10日発売の『週刊文春』で女性タレント・宮沢磨由さん(34)との不倫が報じられた“育休議員”こと宮崎謙介衆院議員(35)が、2016年2月12日、国会内で記者会見を行いました。

会見では、『週刊文春』で報じられた不倫の事実を認め、謝罪。議員辞職を表明するに至りました。

妻である金子恵美衆院議員(37)の話になると、『産後直後にも関わらず妻には大変酷なことをした。妻と子どもに対して生涯、償っていきたい』と述べ、涙を浮かべた宮崎議員。

しかし、この記者会見では、まさに“ゲス”と言わざるを得ない事実も発覚。

なんと、金子恵美衆院議員との結婚後に、今回不倫が報じられた相手・宮沢さん以外にも複数の女性との不倫関係があったというのです。

記者からの、「報じられている以外にも結婚後に女性との不適切な関係はあったのか」との質問に、「そういう関係があったことは否定しません」と述べ、人数や時期などについては明言しなかったものの、他の女性とも不適切な関係を持っていたことを認めました。

出典:宮崎けんすけオフィシャルブログ「日本の希望を創る政治」Powreed by Ameba

出典:宮崎けんすけオフィシャルブログ「日本の希望を創る政治」Powreed by Ameba

宮崎議員は「着物フェチ」で「ミスコン好き」!?

宮崎議員の奥さん、金子議員は、2002年に『新潟県ミスきものの女王』に選ばれた経歴を持っています。さらに2003年には、ミス日本関東代表にも選出されているほどの美人。

一方、今回報道された不倫相手である宮沢磨由さんは、『きもの装いコンテスト関東大会』で準優勝した経歴を持っています。さらに、ミス湘南にも選ばれた経験が。

この二人の経歴から、宮崎議員は「着物&ミスコン好き」であることがわかります。

元宮崎県知事の東国原英夫さん(56)も、フジテレビ系の情報番組に出演した際、宮崎議員について、『彼はミスコン好きですから』と述べていましたが、納得ですね。

なお、この記者会見を受けて、ネット上では、

『着物フェチだったんだね』

『育児に専念できるようになってよかったね』

『ミス○○って肩書きに弱いのか。バカな男…』

『ただの女好きとか。ゲスすぎる。辞めて当然!』

『宮崎、議員やめるってよ』

『辞めて当然だよね。議員続けて育休とってたら人間としておかしい』

『奥さんに卒論書かれなくてよかったね』

など、宮崎議員への批判が噴出していました。

ベッキー&川谷絵音(ゲスの極み乙女。)の不倫報道で大きな話題となった“文春砲”。宮崎議員にも今後また“文春砲”がくるかもしれませんね。

【画像出典元リンク】
・出典:宮崎けんすけオフィシャルブログ「日本の希望を創る政治」Powreed by Ameba/http://ameblo.jp/miyazaki-kensuke/image-12028176705-13311069457.html

(文/恋愛jp編集部・渡邉)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする