スタンプ乱用はチャラい!? 女性から敬遠されるメッセージの特徴4つ

こんにちは、失恋マスターのらくです。

気になる女性を思い和歌をしたため、その文を第三者経由で渡し返事をひもすがら待つ、などということをしなくても、スマホを使えば指1本ですぐにアプローチできる便利な時代になりました。

だからこそ、その善しあしが問われるのだと思います。

では、実際にどのようなメールのアプローチが女性から敬遠されるのか、失恋マスターの私・らくが20代、30代の女性に意見を聞き、まとめてみました。

(1)スタンプのレパートリーが豊富な人はNG

『女の子ウケしそうなスタンプをたくさん持っている人は遊んでいそうなイメージ』(20代/広告営業)

『かわいいスタンプを課金して購入している人は、いろんな女性にそれを送っていそうでNG』(20代/IT)

メッセージでのやり取りが主流になった昨今、スタンプがコミュニケーションツールとして大活躍。逆に言うと、絵文字の活躍は減ったように感じます。

その中で、女性ウケしそうなかわいいスタンプの多用はNG。なるほど。昔で言うと、ハートの絵文字をよく使用する人は敬遠されたような。

実際、私も絵文字のハートを多用しすぎて、女性に「ハートは付き合っている人だけに使った方がいいよ」と忠告された経験があります。

その理由を聞くと、「ハートの信憑性や重みが無くなる」「誰にでも使っていそうで引く」ということでした。

「女の子が喜ぶかも」と思ってあなたが使っているスタンプ、実は知らず知らずのうちに女性に敬遠される原因になっているかもしれません。

160218rakuillast

(2)「そーゆーの」のような日本語を使うのはNG

『「そーゆーの」とか「あーゆーの」みたいな日本語を使う人にはいい印象を持たない』(30代/マーケッター)

“い”を使うべきところで“ゆ”を使ったり、“ー”を多用する男性のことですね。これはかなり理解できます。一言で言うと、軽そうに見えますから。タンポポの綿毛並みに軽く見えます。

そんなやつはそよ風に吹かれて何百メートルも飛ばされてしまえ、とまでは言いませんが、プラスαでバカっぽくも見えます。

女性はしっかりとした日本語を使える男性に惹かれるようです。

(3)出会って間もないのに頻繁にメールをしてくる人はNG

『どうでもいいことで頻繁にメールしてきて、あなたのことを気にかけていますアピールをしてくる男性はNG。意味のあるメールを週1か週2で送ってくる人がいい』(30代/事務職)

これは(1)で書いたハートの重みと同様のことでしょう。

興味のない相手から、「今日はラーメン食べた」とか「新しい服買った」とかメールが来ても、「は? 知らないし。ツイッターでつぶやいとけばいいのに」となるそうです。

それよりも、たまに来る「今日の夜遅くから雪が降るみたいだから、明日はいつもより早めに出勤した方がいいらしいよ。情報共有まで」といった類いのメールの方が優しさや好意を感じ、女性には刺さるようです。

(4)返信が不規則な人はNG

『夜中に連絡してきたり、レスが不規則だったりする人はNG』(20代/美容関係)

夜中にメールを送ってくる人には、「どんな生活をしているのだろう、そもそも寝てる時間だし何を考えているの?」と不信感を抱いてしまうらしいです。

そして、返信が不規則な人は、「この人、本当は彼女がいるんじゃないだろうか?」と猜疑心を抱いてしまうのだそうです。


知り合って間もないあいだは適度な頻度でちゃんとした日本語を使って、意味のある内容のメールを常識的な時間に送り、返信にはしっかりレスをする。ただし、スタンプの乱用は控えましょう。

よくよく考えると、メールも対面で人と接することと同じです。

顔が見えないためどうしても相手の気持ちを推しはかることを見失いがちですが、人の気持ちをつなぐコミュニケーションツールという点では本質的に同じです。

口から発せられる言葉と同じで、送信して相手の目に映ればそれはもう消すことはできません。

相手の顔を想像し一つひとつのメールや一言ひとことのメッセージに思いを込めることができれば、あなたが送るその恋文はやがて相手の心を動かすでしょう。

●ライター/らく(失恋マスター)

イラストで解説♡

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする