目の錯覚でスタイル美人! 背を高く見せるコーディネートのコツ3つ

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

身長が高くてすらっとした人には、ついつい目を奪われてしまいますよね。人気モデルの菜々緒さんは172cmの9頭身、蛯原友里さんも168cmと高身長です。

ただ、『厚生労働省』の調査「平成24年国民健康・栄養調査報告」によれば、日本人女性の平均身長は154.2cm、20代の女性だけで見ても157.9cmです。

でも、大丈夫! 錯視(目の錯覚)を利用すれば、どんな身長でももっと背を高く見せることができるんです! 今日はそのコツを3つ、お伝えしていきますね。

160217wada1

(1)帽子を使ったテクニックで背を高く見せる

帽子は中折れ帽などの少し高さのあるものを使います。帽子があることで相手から見た際に視線が上に行き、そこから足先までの距離が長く感じられるために身長が高く見えるという錯覚を起こします。

帽子ならかぶるだけで手軽に背を高く見せられますし、コーディネートのアクセントにもなるのでオススメです。

その際、色は明るめのもの(白やグレイ、パステルカラーなど)にするとよりバランスが良くなり背が高く見えます。

(2)タイツとブーツを使ったテクニックで背を高く見せる

これは私もよく使うテクニックです。たとえば、ミニスカートをはくときに真っ黒のタイツと同色のショートブーツを合わせることで太ももから足先までが一直線に見えます。

人は縦長のものの方が横長のものよりも長く見えるという錯覚を起こしやすいので、スカートの下から伸びる縦長のラインのおかげで脚自体が長くスラっとして見えます。

黒以外でも使えるテクニックですので、お持ちのブーツやハイヒールの色に合わせてタイツを選んでみるとコーディネートにも幅が出て楽しいですよね。

その際、タイツも靴もマットな質感のものの方がより脚長効果が得られます。私の場合は、プラットフォーム(厚底)のショートブーツを使ってさらに脚長に見えるように工夫しています。

(3)縦のラインを作るアイテムで背を高く見せる

一番効くのがこのテクニックです。お洋服を着るときに縦線に見えるものを加えると、目の錯覚でよりその部分が長く見え背が高く見えます

たとえば、最近ジレなどのアイテムがはやっていますが、それらはまさに縦のラインを作るアイテム。

他にもストールを首にかけて垂らしておくスタイルや、コートやジャケットの前を開けて着るスタイルなども縦のラインを作る着こなしと言えます。

ちなみに、縦のラインを作ることで着やせ効果もありますので、背が高く見えるだけではなくよりほっそり見せることが可能です。お得ですよね!


いかがでしたか? 持って生まれた身長自体は変えることができなくても、工夫次第で背を高く見せてスラっとしたモデルさんのようなスタイルにすることができます。

錯覚をうまく使いこなして、スタイリングを楽しんでみてくださいね!

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする