触りたくなる!? ぱるるもやってる“二日酔いメイク”が人気の理由3つ

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

今はやりの二日酔いメイク。街を歩いている若い女性のメイクをよくよく観察すると、結構高い確率で「二日酔いメイクをしているのかな?」と思うような女性がいました。

二日酔いメイクとは、“飲み会から帰ってきた女性がそのまま寝てしまった翌日のようなメイク”のこと。

もちろん現実にそんなことをしたら肌は荒れるし、顔はボロボロ、好きな人に会うどころか外にもでられないようなひどい顔になるので(私の場合)、あくまでイメージですね……。

そして、私も二日酔いメイクを試してみることに。ポイントはオイリーな肌の質感。目はラインでくっきり囲まず、うっすら囲む程度に。

マスカラは上まつ毛は軽く、下まつ毛をたっぷりめにつけましょう。唇はヌーディーなナチュラルカラーを選びます。

チークは酔っぱらって火照った感じで。全体的にツヤ感をだしているけれど、ナチュラルで下品ではないことが大事です。

私は普段のメイクはがっつり派なので、正直試してみて落ち着かない感じがしましたが(汗)、旦那からは「いつもよりはいい」と好評ではありました。

そして、『ミュージックステーション』でもぱるるが二日酔いメイクをしており、「ぱるるの二日酔いメイクがかわいい」と話題になっていましたね。

でも、まだまだ知らない人も多い“二日酔いメイク”。なぜこんなに人気があるのか、実際に男性にどんなメイクなのかを写真で見てもらって感想を聞いてみました。

160218tomo

(1)ツヤは人を惹きつける魔力

『見慣れているメイクよりも色気がある』(20代男性/アパレル)

『ちょっと不健康そうに見えて、心配になって触りたくなってしまいそう』(20代男性/SE)

一番多く聞かれた意見は“色っぽい”という意見。火照った頬はお風呂上りを連想するそうです。

また、酔っぱらっている女性はどことなくセクシー(決して泥酔のことではありません……)。男心をくすぐるのは二日酔いをしているような気だるい雰囲気からくる“無防備感”なのです。

さらに、不健康そうで病気であるかのように見せられることからはかなげな印象も生まれ、つい心配して触りたくなってしまうそう。

そして、世界的メイクアップアーティスト吉川康雄さんの書籍『生まれつき美人に見せる』によると、『肌はオイリーにすることでツヤがでて人間を惹きつける魔力を持つ』とのこと。

また、『特に唇はセクシー担当、だからいつも濡らしておかなければいけない』とのことです。二日酔いメイクは“濡れ感”を重視しているので、男性を惹きつけるにはもってこいなのです。

(2)やっぱり男性はナチュラルメイクが好き

『あまりメイクしてないように見えるから、自然体でかわいい』(20代男性/大学生)

やっぱり男性はノーメイク風でナチュラルな女性を好む傾向があります。二日酔いメイクはナチュラルな質感重視。目も唇も決して作りこみすぎません。

そのため、どちらかというと清楚な女性を好む男性にとってはツボにはまるメイク

女性にとっては少し物足りないかな、と感じるメイクではありますが、ゴテゴテしたメイクは男性からは遊び人と思われてしまったり、こわい印象に感じられてしまったりすることも。

(3)真の美人はナチュラルでツヤ感がある人

吉川康雄さんは、『汗すら利用するのが真の美人』だと書いています。汗とは天然のナチュラルなツヤ。汗の質感を再現したようなツヤを重視したメイクが男性を魅了するのですね。

昔はあぶらとり紙がはやりましたが、全くテカりがないマットな質感の肌はどうしても不自然さがでてしまいます。

粉をたくさん使ってマットに仕上げることはせず、少しだけ顔からにじみ出ている“あぶら”を上手に利用したメイクが女性の色気、美人オーラにつながるのです。

決して手が込んでいるようには見せないけれど、計算された美人を作り上げるのが二日酔いメイク。

個人的には、ネーミングで誤解を生むこともありそうなのでネーミングを変えた方がもっとやってみたいと思う人が増えるのではないか、と感じている部分もありますが……。

ぜひ女性には一度試して欲しいと思えるメイクではあります。

【参考文献】
・『生まれつき美人に見せる』吉川康雄・著

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする