諦めるのは早い! 結婚したいアラフォー女性が出会いを作り出す方法2つ

【相談者:30代女性】
40歳目前だというのに“出会い”がなく焦っています。仕事は嫌いじゃないですが、職場は既婚者かリタイア後の再就職で孫もいるような高齢の方ばかりです。

相談室のようなところに登録しましたが、年齢のせいか見合いを申し込んでくるのはバツイチの方や50代以上の方ばかりで気持ちが動きません。

離婚を経験した女友達は、会うたび「1人の方が気楽よ」と言うんですが、彼女の言う通りそろそろ1人で生きていくと割り切った方がいいのでしょうか。

a たまにはずぶ濡れになってみて! 生活に変化を起こし、群れない女性になれば出会いのチャンスがやってきます。

こんにちは。女優&ライターのmamiです。ご相談ありがとうございます。

結婚相談室の会員様向けのセミナー講師を務めていた時期があるので、お悩みがよく分かります。

昨今は相談室もほぼネット検索で、趣味や年齢などの希望条件を入力してお相手を検索しますが、たしかに男女問わず40歳を間近にすると立候補してくれるお相手の年齢が極端に上がってしまったり、バツイチの方が多く浮上してきたりします。

同年代や適齢期の方は、どうしても20代から30代前半に興味を持ってしまうんですよね。

それでも意気投合して成婚に至った例だってたくさんあるのですが、結婚に夢を抱く相談者さんのような女性の「ときめかない」という気持ちはお察しします。

どうすればときめく異性に出会えるのか……。まずは相談者さんの“生活習慣”や“ライフスタイル”を見直すところから始めてほしいと思います。

160218mami

(1)生活に“変化”を起こしてみる

まずは次の10項目で、当てはまるものにチェックを入れてください。

・食事の時間はほぼ決まっている
・部屋の温度や湿度、空調の音、換気、匂いなどがとても気になる
・急な雨に備え、いつも折りたたみ傘を持って外出する
・就寝起床時間はほぼ決まっている
・休日は出歩かず家にいることが多い
・無駄遣いせず、お金を貯める方だ
・大人数が集まる場所に行くと、すぐ帰りたくなる
・自分からはあまり人に連絡しないし、メールの返信は遅い方
・外食の時は、新しい店を開拓するより行き慣れたところを選ぶ
・人にプレゼントなど、サプライズをするのが苦手

(中嶋真澄氏の著書『気になる彼を引き寄せる恋愛心理テク』より引用)

さて、いくつ該当するところがあったでしょう?

易占家で恋愛心理にも詳しい中嶋真澄氏によると、6項目以上当てはまった人は、今のままの生活では出会いのチャンスそのものがあまり望めないということです。

毎日同じ時間割の生活を送り、同じ場所しか訪れないで、「出会いがないよ!」と叫んでいても突破口は見つかりません。

まずは、自分で生活に“変化”を起こしてください。

中嶋氏は、思い切って同世代の男女が集まるような場所に出かけること、趣味やサークル活動などの新しいことを始めてみることを勧めています。旅行もいいでしょう。

でも私はもっと簡単に、上記の10項目をひとつずつ破っていくのもいいかなと考えています。

つまり、たまには無防備に傘を持たずに出かけてみればいいんです。

そうすれば、誰かが傘に入れてくれたり、傘を貸してくれたりする可能性ができるじゃないですか!

朝、1本早い電車に乗るだけでも違う顔ぶれに囲まれる……。それだけ出会いのチャンスは増えるんです。

(2)“群れ”る習慣から卒業する

ご相談を読んでいて、会うたびに「1人の方が気楽よ」と言う女友達の存在が少し気になりました。

もしかして相談者さんは、しょっちゅう彼女と一緒に行動してるんじゃないでしょうか?

彼女でなくても、職場やランチのレストランで、必ず同僚や後輩の女性と群れていませんか?

もしかして、婚活パーティーも仲良しさんと参加! なんてことしていないですか? そうなら、直ちにやめてください

女同士、いつも一緒にいるとファッションもメイクも雰囲気も、なんとなく似た感じになっていきます。

男性から見ると個性が見えにくいのです。あなたの存在がはっきり認識できないんです。

ちょっと想像してみてください。適齢期の、出会いを求める素敵な男性がいたとして、2人組や数人で固まっている女性に声を掛けるでしょうか?

“群れ”ているのと1人でいるのとでは、どちらが“出会い”やすいでしょうか……? 答えはお分かりですよね。


いかがでしょうか。誰に何と言われようと、思ってもいないのに“1人で生きていく”決心をする必要なんかありません。

本気で出会いを求めるなら、生活習慣に変化を起こし、日頃行かない場所にも出かけてみましょう。

チャンスをつかむためにはなるべく1人で行動すること。友達は大切ですが、意味なく群れる習慣は勇気を出して卒業する! 以上が本日の答えです。

【参考文献】
・『気になる彼を引き寄せる恋愛心理テク』中嶋真澄・著

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする