上書きも可能!? 思い出の曲を聴くと当時の記憶がよみがえるワケ

【相談者:20代女性】
私は営業の仕事をしていて、よくカフェで書類作成などの仕事をしています。ある日、学生時代に付き合っていた彼がデートのときいつもカーステレオでかけていた曲が流れてきました。

その彼とは就職のときに揉めて、つらい別れ方をしてしまいました。カフェでその曲を聞いた途端、楽しかったあのころの記憶がよみがえってすごく懐かしかったんです。

でも、いろんな気持ちがワーッとわき上がってきて泣きそうになりました。

「曲を聞くとそのころの思い出がよみがえる」なんてよく言いますが、どうしてそうなるのでしょうか。良い思い出だけ都合よく思い出すことなんてできないですよね(苦笑)?

a 記憶の作られ方を理解すれば、曲の思い出を変えることも可能です。

日常の迷宮脱出ガイド、心理分析士の咲坂好宥です。

音楽って、よく聞いていた当時の思い出がまるで魔法のように鮮やかによみがえりますよね。

カフェでかかった曲で胸がキュンと切なくなったあなたのお気持ち、よーくわかる気がします。

どうしてそうなるのかというご質問ですが、それは記憶のしくみと関係しています。簡単にご説明しますね。

160217sakisaka

意味記憶とエピソード記憶

数学の公式、大河ドラマの登場人物名、昨日のランチ、バンドで練習した曲のコード進行……。“記憶”と一口に言っても、その種類はいろいろありますよね。

これらは実際、学者さんたちによってちゃんと分類されています。

でもそれらを詳しく説明しだすとキリがないので、元カレとのデートの思い出に関係する記憶についてだけお話ししますね。

同じ学生時代の記憶でも、そのころ勉強したはずの第二外国語や専門分野の細かい知識はかなり忘れちゃいましたよね。ぼくなんて完全に初期化されています(笑)。

これらの知識や言葉の意味に関するものは『意味記憶』と呼ばれ、1966年に心理学者のマックス・キリアンによって提唱されました。

一方で、あなたが思い出した「元カレと車でデートしたとき、いつもこの曲がカーステレオから流れていたなぁ……」という記憶はちょっと性質が違いますよね。

このように、過去に体験した出来事に関する記憶は『エピソード記憶』と呼ばれ、1972年に心理学者のエンデル・タルヴィングによって提唱されました。

定期試験のために暗記した知識って、何度も何度も繰り返し覚える努力をしてようやく記憶されましたよね。

でも、ぼくらはたった一度しか体験していない出来事をずーっと鮮明に覚えています。この違いって一体何なのでしょうか。

エピソード記憶が最強である理由は、感情にあった

意味記憶とエピソード記憶の最大の違いは、そこに“感情”が伴っているかどうかです。「うれしい」と感じた出来事は、ぼくらにとって好ましいものですよね。

でも「怖い」とか「嫌い」と感じた出来事は、場合によっては生命の危険に関わることかもしれません。

そこで、こんな出来事だとこんな感情が起こる……ということがわかっていれば、生物としてのぼくらが安全に心地よく生きていく確率を上げるための羅針盤になるかもしれません。

原始時代の人間が獲物を手に入れたときの「うれしい」や猛獣が現れたときの「怖い」を想像すればわかりやすいですよね。

だから、ぼくらは無自覚ながら“感情”をとても重視しているわけです。

さて、話を戻しましょう。エピソード記憶というのは時間や場所といった出来事だけでなく、この大切な“感情”という情報もセットにして記憶しています。

だから、たった一度の体験でもしっかり覚えられるのも当然といえば当然なのかもしれません。

それだけ感情というのは大切なわけですが、この感情を生み出したり記憶したりするのに関わっているのが、大脳辺縁系といういわば古い脳にある扁桃体。

さながら感情の司令塔といったところでしょうか。さらに、ぼくらが音楽を聞いたときの気持ちをつかさどっているのもこの扁桃体なわけです。

「元カレと車でデートしたとき、いつもこの曲がカーステレオから流れていたなぁ……」というのは、元カレとの会話や見た風景、聞いた音楽、そして最強のパーツである感情までも全部セットにしたエピソード記憶なわけです。

音楽を聞いた瞬間に、過去の記憶が鮮やかによみがえるメカニズム、なんとなくおわかりになりましたでしょうか。

音楽と思い出を切り離したいなら、この方法で

最後に、「良い思い出だけ都合よく思い出すことなんてできないか」というご質問ですが、エピソード記憶というのが生物として心地よく安全に生きていく確率を高めるためのものだと考えると、なかなかむずかしいご相談かもしれませんね。

ただ、もしもあなたが「どうしても……」と言うなら、方法がないわけではありません。別のエピソード記憶を作ってしまえばいいのです。

たとえば今回カフェで流れた曲で元カレとの記憶を思い出したくないなら、その曲を、別の場所で、別の人と、別の感情で聞くのです。

それが印象深いものであればあるほど、元カレとのドライブの記憶は出てきにくくなるでしょう。

でも、そんな元カレとの日々があったからこそ、今のあなたがいるのではないかなぁと個人的には思います。

今のあなたを作っているパーツのひとつと言ってもいいかもしれません。

新しいエピソード記憶をつくるときは、古いエピソード記憶から単に逃げるのではなく、きちんとお別れするということも大切なのではないでしょうか。

あなたのココロが、ステキな記憶で満ちあふれますように!

●ライター/咲坂好宥(心理分析士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする