和食で若返り! アンチエイジング効果がある身近な“調味料”9選

【相談者:30代女性】
年齢とともにお肌の悩みが増えています。シミ、シワなどが年々増えてきて「どうにかしたい!」と切実に思います。

スキンケアだけでなく内側からもアプローチしていきたいのですが、アンチエイジング効果が高い身近な食材を知りたいです。

a 基本の調味料を見直して、若返り効果アップ!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

年齢とともに増えるお肌の悩み、誰もが抱えている問題ですよね。毎日のスキンケアはもちろん、食べ物で内側からアンチエイジング効果をアップさせることも大切です。

今回は、身近だからこそ続けられる“若返る基本の調味料リスト”をご紹介します。

160211haruna1

日本の調味料には若返り効果が!

バターなどの動物性脂肪を取りすぎるとお肌のトラブルにつながりやすいもの。調味料を選ぶときには、保存料や添加物を使っていない日本生まれのものがオススメです。

昔から日本人は若々しいといわれてきたのは調味料のおかげかも! 毎日使う調味料の若返り効果をチェックしてみましょう。

(1)みそ

腸をキレイにする乳酸菌や、麹菌が生むさまざまな『酵素』がたっぷり含まれています。食べるだけでお肌の免疫力アップ、ダメージ改善などが期待できます。

酵素は熱に弱いので、生食で食べると効果的です。

(2)しょうゆ

消化を助けて大腸菌を死滅させる強い殺菌作用があります。

さらに、お肌のハリツヤをサポートするコラーゲンのもとになる『アミノ酸』も20種類以上含まれています

(3)本みりん

食欲を高めて高血圧を予防する効果が。熱が加わることで魚や肉の生臭さを消す効果もあります。

甘みがあるので白砂糖の代わりとして煮物などに使うとヘルシーです。

(4)あら塩

体を温めて、余分な水分排出を助けてくれます。自然の塩は煮物やお吸い物、漬物などに使いましょう。

(5)ごま

老化防止効果が高い『ビタミンE』や『グリコマンナン』という抗酸化物質が豊富に含まれています。

炒りゴマにしていろいろなお料理に加えましょう!

(6)黒酢

『ペプチド』が血流を促して、『クエン酸』が炭水化物の燃焼をサポートします。

ドレッシングや酢の物に利用して。

(7)かつお節

必須アミノ酸が全部含まれている美容食材。

コラーゲンの働きを活性化させてハリツヤ感がアップ、潤いを強化してくれます。

(8)昆布

昆布でだしをとれば、髪やお肌の新陳代謝を上げる『ヨード』をたっぷりとることができます。

シミ、くすみなどの解消にも効果的です。

(9)植物オイル

ごま油、なたね油など植物由来のオイルは酸化しにくいので細胞の老化から体を守る効果があります。

老化防止には植物オイルを使用しましょう。


日本の伝統調味料にはさまざまな若返り効果が! 洋食もいいけれど、アンチエイジングにはやっぱり和食が一番のようです。

毎日の食事では調味料を意識して、若々しいお肌づくりに役立ててくださいね。

【参考文献】
・『食べて治す医学大事典』主婦と生活社・編集

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする