顔立ちは関係ない! 思わず目を引く“オーラ美人”の特徴3つ

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

世の中にはたくさんのキレイな人がいますが、特に顔立ちが美しいわけでもないのに惹きつけられてしまう……そんなひときわ目を引く女性っていますよね。

今回はそんな“オーラを放っているような美人=オーラ美人”に共通する3つの条件をご紹介していきます。

オーラ美人に共通する3つの条件

(1)すっと伸びた姿勢が美しい!

『顔立ちとは関係なく、姿勢が良いとそれだけで素敵な人だなぁと目で追ってしまいます』(20代男性/自営業)

男性女性問わず、姿勢が良い人はイキイキとして見えるものです。背中が丸まっていると老けて見えたり、元気がなさそうに見えたりすることも。

女性は特にハイヒールなどを履くので、姿勢は意識して伸ばして颯爽と歩きたいですね。また、姿勢が良くなると内蔵の位置も正しい位置に収まるため、ウエストの引き締めにも効果的だとか。

160210wada

(2)笑顔はどんな言葉よりも魅力的!

『笑顔がかわいい子は性格も良いんだろうな、と思います』(20代男性/IT関連)

『むすっとした人よりも楽しそうに笑っている人の方が話しかけやすいし、仲良くなりたいと思う』(20代女性/販売員)

笑顔でコミュニケーションを取れる人には、「また会いたい」「話したい」と思いますよね。どんなメイクやファッションよりも、笑顔はその人を魅力的に見せてくれるようです。

また、最近では笑顔がもたらす良い効果が医学的にも取り上げられていますね。笑顔を作るために口角を上げると、幸せホルモンと言われる『セロトニン』が分泌されてハッピーな気持ちになれるんだそう。

これは私自身も経験がありますが、たとえつらいときでもまずは笑ってみましょう。次第に気持ちが上向きになりますよ。

(3)メイクは肌質が重要! 塗るではなく“整える”イメージで

『肌がつやつやしていて透明感があってキレイな人はつい二度見してしまう』(20代女性/広告関連)

“オーラ美人”と言えばどんな人を思い浮かべますか? 綾瀬はるかさんや小雪さんなど、“肌質がキレイ”な人を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

“肌質”はただファンデーションを厚塗りすればキレイに見えるわけではないのです。重要なのは、“肌がイキイキと、内側から元気がみなぎっている感じがするかどうか”です。

その状態を作るカギは、メイクアップ前の保湿と目の下から両頬部分のシミ・くすみをなくすこと。

肌質がキレイに見えるメイクのコツ

メイクアップ前にしっかり保湿する

洗顔後にたっぷりの化粧水を肌にしみこませてあげることが重要です。

また、メイクアップアーティストの濱田マサルさんの『「読む」美容事典』によると、メイク前に顔全体にスチームを当ててあげるのも効果的だそう。

目の下から両頬部分を整える

ここは紫外線の影響を受けて一番シミやくすみが出やすく、その結果、年齢を感じさせる部分でもあります。

ベースとファンデーションを塗った後、薄付きのコンシーラーでちょんちょんとそれらを消してあげて、上から軽くパウダーをはたいてみてください。

顔全体の透明感やきめ細かさもアップしたように見えますよ。


いかがでしたか? 持って生まれた顔立ちはなかなか変えられませんが、“オーラ美人”はそんなに難しいことではないんですよね。

どれも今日からすぐに実践できることばかりですので、ぜひ試してみてください。

【参考文献】
・『「読む」美容事典』濱田マサル・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする