これさえ忘れなきゃOK! 結婚後も変わらず愛し合い続けるための心得

【相談者:20代女性】
4年間付き合った彼と結婚することになりました。大学1年のときに彼と出会いました。すぐに結婚したかったのですが、お互いの両親に反対されました。

それで、家族に認められるようにいろんなことを頑張ってきました。バイトして、貯金もしました。今は大学卒業後の就職も決まって、とても幸せです。

二人とも、結婚することを目標にしてきました。今までは目標に向かって進んできたんですが、実際に結婚となると、何か変わるのでしょうか?

結婚してから先のことは何も考えていなかったので、ちょっと不安になっています。

a 共に“敵”と戦った仲間であることを忘れない。

ご質問ありがとうございます。アドラー心理学をもとにしたスピリチュアル恋愛カウンセラーMIHOKOです。

おめでとうございます! 目標に向かって、すごく頑張ってきたことが伝わってきました。お二人の関係がこれからもずっと継続するために、いくつかお伝えしますね。

二人は今までチームとしてそれぞれの家族という敵と戦ってきました。“敵”なんて言うと抵抗があるかもしれませんが、わかりやすくするためにあえて“敵”と表現しますね。

この戦いは、自分たちがちゃんとやっていけることをわかってもらうために、どうしても避けることのできない過程でした。だから、力を合わせて頑張っていらしたことでしょう。

4年間、お二人は同じ方向を向いていました。そして、ひとつのチームの一員であるという認識が強かったと思います。恋人というよりも、仲間ですね。

同じ敵に向かって共に戦う同士のような感覚です。

おそらく、今のあなたが不安を感じるのは、結婚することによって、この感覚が変わっていくからなのです。

二人が結婚すると、今まで“敵”だと思っていた存在は消えます。だから、もう戦わなくてもいいのです。戦う必要がないので、同じ方向を向いていなくてもよくなります。

すると今度は、二人が向き合うことになります。

160212mihoko

“私たちは同じチームの一員である”という感覚を持ち続ける

ここが最大のポイントなんです! 同じチームの一員であるという感覚を持ち続けてください。

たとえ、目に見える“敵”の存在がなくても、二人はチームであることに変わりはないのです。

向き合った彼を絶対に“敵”と捉えてはいけません。協力することを、ぜひ、忘れないでください。

“私たちはこれからも、同じチームの一員である”という感覚を持ち続けましょう。

アルフレッドアドラーは、著書『人生の意味の心理学』の中でこのように語っています。

『あなたには価値があり、あなたが他の誰にも置き換えられず、あなたのパートナーはあなたを必要とし、あなたはよく振る舞っていて、良い仲間で真の友人であるという感覚である』

対峙する敵の存在があってもなくても、二人はチームです。あなたが不安を感じるのは、この形が変わることを察知しているからだと思います。

そうです。あなたはとても芯が強く、前向きで、さらに鋭い感覚を持っていらっしゃいます。だからこそ、気をつけましょう。

目の前に座っているパートナーは、たとえ向き合っていたとしても“敵”ではありません。大切な仲間なのです。

末永く、共に進んでいくためには、“パートナーはかけがえのない仲間である”ことを忘れないようにしましょう。

そして、“私たちは同じチームの一員である”という感覚を持ち続けることを決断しましょう。

結婚されるときに、このコミットメントをなさることをおすすめします。どうぞ末永くお幸せに!

【参考文献】
・『人生の意味の心理学(上)(下)』アルフレッド・アドラー(著)

●ライター/MIHOKO(アドラー心理学をもとにしたスピリチュアル恋愛カウンセラー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする