つらいセキをSTOP! のどの痛みを和らげる身近な食べ物3つ

【相談者:30代女性】
接客業をしているのですが、冬はすぐにのどが痛くなってしまいます。声がかれて周りからも心配されるし、仕事に支障が出てしまうのがツライです。

のどの痛みを抑える良い方法はありませんか?

a のどが痛いときは、食べ物で痛みを和らげて。

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

この季節、人と話す機会が多い方はのどを痛めてしまうものですよね。のどの痛みは、雑菌やウイルス、ホコリなどによる炎症が原因といわれています。

のどを潤す水分補給、マスクで保護するなどの乾燥対策とともに、殺菌効果が高い食べ物を取ることで、症状の改善に役立てることができます。

今回は、栄養学に基づく、のどの痛みを和らげる食べ物をご紹介します!

160212haruna

“せき”“のどの痛み”を和らげる3つの食べ物

(1)ハチミツ

ハチミツは殺菌作用が高く、雑菌によるのどの炎症を鎮める効果があります。

また、のどを潤わせて乾燥を防ぐ効果もあるので、雑菌の繁殖を抑えてくれます。ミネラル、ビタミン類も豊富なので、美容にも良い影響を与えてくれる栄養食材です。

(2)キンカン

冬が旬のキンカンは、のどの炎症を抑えて痛みを和らげる効果があるといわれています。ビタミンCが豊富なので風邪のときにも最適です。

また、ビタミンA、ビタミンE、カルシウムなどの栄養素も豊富。実よりも皮に甘みと栄養があるので皮ごと食べるようにしましょう。

(3)春菊

せき、のどの炎症を抑える作用が期待できる春菊。カロテンやビタミンCが豊富で栄養価が高く、免疫力アップにも効果的です。

この季節は鍋に入れて手軽に食べられるのもいいですね。

手軽に作れるホットドリンクレシピ

のどの痛みを抑える、ハチミツとキンカンを使ったホットドリンクレシピもご紹介します。

【材料】
・キンカン……10個
・水……500ml
・ハチミツ……適量

【作り方】
キンカンをよく水洗いして、皮ごと刻みます。鍋に水と一緒に入れて強火にかけ、沸騰するまで煮込みます。

こした後、ハチミツを加えて混ぜて、温かいうちに飲みます。体を温める効果もあるので、風邪や冷え性の対策にも効果的です。


食べ物だけではなく保湿対策も! のどが乾燥しているとウイルスや雑菌が繁殖しやすくなるので、水分をこまめに取ってのどが乾燥しないように注意してくださいね。

【参考文献】
・『食べて治す医学大事典』主婦と生活社・編集

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする