流されちゃダメ! 自分の考えを押し付ける彼氏に振り回されない心得2つ

【相談者:20代女性】
こんにちは。私の彼氏は10歳年上です。彼は私に、あれがダメこれがダメと説教をします。彼は、「いつか俺が言っている意味が分かる日が来る」と言います。

確かに、彼が私のためを思って言ってくれていることは分かりますが、納得できないことも多々あります。でも言い返しても口で勝てないのが悔しいです。

彼の言うことを素直に聞いた方が自分のためになるのでしょうか。

a 彼が育てようとしている自分像と、自分がなりたい自分像の違いを認識しましょう。

ご相談ありがとうございます。フリーライターの三田優実です。

私も昔15歳年上の男性と付き合ったとき、同じ気持ちを味わったことがあります。

お気持ちはとても分かります。確かに彼と別れた後に、当時言ってくれていた言葉に感謝したこともありますが、そうじゃないこともあります。

若いときは、10も年上の恋人に正論を突き付けられたら「自分が間違っているのかな」と分からなくなってしまうもの。好きな気持ちがあるからなおさらですよね。

しかし、彼がいくら年上だろうと、あなたがなりたい自分と、彼がなってほしい自分(もしくは彼自身が目指している人間像)は違います。

その違いを自分自身が分かっているかどうかで、自分が納得するべきこととできないことの分別がつくのではないでしょうか。

今回は彼氏の発言に流されないために持っておきたい考え方を2つご紹介します。

160205mita

(1)“自分がなりたい自分”がどんな人間なのか考える

『彼が求める女性像を追いかけすぎて、気づけば自分らしさが何なのか分からなくなった』(27歳女性/事務職)

好きな人の理想に近づこうと無理をして、自分を偽ってしまう女性はとても多いようです。好きな人の好みの女性になるために努力をすることは素晴らしいことです。

しかし、その自分が「本当の自分じゃない」と感じるほどでは、それは成長ではなくただの我慢になります。

『元カノが好きすぎたから、新しくできた彼女に元カノと同じようになるよう求めてしまっていたけど、似せようとすればするほど比べてしまった』(25歳男性/フリーター)

このように、作ろうとした人間像はその人らしい魅力を潰してしまうことになりかねません。誰かのまねをしたり、彼の好みの女性像を追い続けても自分だけの魅力は開花されません。

自分がどんな女になりたいのか、自分がどんな女になれば振り回されることなく自分に自信が持てるのかに目を向けた方が、オンリーワンの女性として輝けるのではないでしょうか。

(2)全てを理解しあえる関係なんてない

『我が強すぎる女性と付き合っているときとても疲れた。「私を分かって!」という気持ちがひしひしと伝わってきていたので、逆に悪いところにばかり目がいくようになったし、話し合いが無駄だと思った』(28歳男性/自営業)

彼氏が年上だからと、全てを分かってもらおうと思っていませんか? 男女の脳は違いますし、そもそも同性であっても同じ人間なんて一人もいないのです。

かみ合わない部分を無理に擦り合わそうとしてもお互いが疲れてしまうだけ。「私はこう! でもあなたはこうなのね」と、ある程度割り切ることも大事です。

どちらかが無理をして合わせるのではなく、お互いの違いを受け入れ、認め合う方が無理なく付き合っていけると思いますよ。

自分をしっかり持つけど、それを押し付けないのが大人の恋愛です

いかがでしたか? 年齢関係なく、自分自身のことも含めお互いがお互いを尊重し合える関係こそが理想の関係なのではないでしょうか。

そのためには、自分が変わるべきところと変えられないところをしっかり理解しておくことが大事だと思いますよ。

●ライター/三田優実(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする