自虐的な予言のせい? 恋愛がすぐダメになるパターンを変える心理術

【相談者:30代女性】
私には同い年の親友がいます。彼女は男運が悪いのか、恋愛がことごとくうまくいかないのです。フラれる、付き合ってもすぐ別れる、というパターンの繰り返しです。

なんとかしてあげたいのですが、こればっかりは私がどうこうできることでもないので歯がゆいです。

彼女も何もする前から「どうせ寿命が短いから」なんて言ったり、「ほらねー、やっぱり言った通りでしょ……」と自虐的に話したりするのが口癖のようになってしまっています。

これってやっぱり引き寄せの法則なのでしょうか。

a 深く傷つかないように深層心理が予防線を張っているのかも。

日常の迷宮脱出ガイド、心理分析士の咲坂好宥です。

お友達の状況が『引き寄せの法則』なのかどうかというご質問ですが、この法則はいろんな解釈をされていますので、法則を定義づけるところから一苦労します(苦笑)。

そこで、それが引き寄せの法則なのかどうかはちょっと置いておいて、なぜそのように同じパターンが繰り返されるのかというポイントに焦点を当てて考えてみましょう。

160203sakisaka1

お友達は自分の“予言”を当てに行っているのかも

お友達が自分の恋愛の不幸な結末をいわば“予言”のように言い当てるということに関連して、興味深い概念をご紹介しましょう。

コロンビア大学社会学教授のロバート・K・マートンは著書『社会理論と社会構造』の中で、『予言の自己成就』という話をされています。

この予言の自己成就というのは、“たとえ最初は間違いや根拠がない予言だとしても、人がそれを信じて新しい行動を呼び起こすことで、結果的にその予言を真実にすること”というものです。

たとえば、ある銀行の資産が健全なのに「あそこ倒産するらしいよ」なんてうわさが立ったとします。

すると、みんながそれを信じてヤバイヤバイと一気に預金の引き出しにかかるので、本当に銀行のお金がなくなって支払不能になる、みたいなことです。いや実際、日本でもそんなことが起きているんですよ。

この予言の自己成就をお友達の恋愛に当てはめてみると、寿命が短いとかうまく行かないとか予言することで、その通りの行動をとってその通りの結果を招く、ということになるのかもしれません。

では、なぜ彼女はそのような行動パターンをとってしまうのでしょうか。

その行動パターン、深層心理の防衛反応かも

彼女が予言の自己成就を繰り返す行動パターンの根っこでそうなるように仕向けているのは一体何者なのかというと、引き寄せの神様とか妙なスピリチュアル・エネルギーとか(苦笑)、そういう存在ではありません。

恋愛がうまく行かないように足を引っ張っているのは、彼女自身の深層心理なのです。

こう聞くと、彼女が一生懸命いい恋愛をしようとがんばっている姿を見ているあなたは、「そんなばかな」と思われるかもしれません。でも、アタマとココロは別なこともあるのです。

では、なぜ彼女のココロはそんな風に自分にとって損な働きかけをするのでしょうか。

それは、“無防備に幸せを期待してそれが裏切られる結果になるよりは、あらかじめ最悪のことを想定しておいたほうがショックが少ないから”です。

彼女のココロは、自分が傷つかないように防衛反応として“予防線”を張っているのですね。

ぼくらの理性からすればなんて不条理な発想なんだと思いますが、深層心理もわからないではないと思いませんか。

結果的にはお友達も「ほらねー、やっぱり言った通りでしょ……」というように、予告した分だけショックは少なかったのかもしれませんから。

お友達が自信を持てるためのお手伝い、何ができますか

ここまで見てくると、無自覚とはいうもののお友達は「恋愛がうまくいかない」という現実をしっかり“引き寄せ”ていることがわかります。

でも、どれだけそれを歯がゆく感じても、お友達の恋愛を代わってあげるわけにもいきませんよね(苦笑)。何かあなたにできることはないのでしょうか。

教育心理学の概念に『ピグマリオン効果』と呼ばれるものがあります。これは、他者からの期待がその人のがんばりや成長に大きく影響する、というものです。

もともとは学校の先生と生徒との関係性における実験だけに、これが彼女の恋愛にピッタリ当てはまるかどうかはわかりません。

ただ、彼女に必要なのは、“どうせダメになる”という予防線ではなくて“可能性に焦点を当てる”ということではないでしょうか。

そのためには、彼女自身のセルフイメージを高めて自信をつけていくことが超大切なのはおわかりいただけると思います。

お友達が自信をつけて、勇気を出して恋愛に向き合えるようになるにはどうしたらいいか。そんな視点で彼女と付き合ってあげてみてください。

コミットさせるのもよし、励ますのもよし……あなたならではのやり方で応援してあげられたらいいですね。お友達、いい恋愛ができますように!

【参考文献】
・『社会理論と社会構造』ロバート・K・マートン(著)

●ライター/咲坂好宥(心理分析士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする