アイドル並みの人気!? 急増する“プ女子”の実態とプロレスラーの魅力

【相談者:20代男性】
このあいだ、気になっている女の子と一緒に飲みに行きました。趣味やタイプの人を聞いてみたのですが、「プロレスが好き!」と答えられてびっくりしました。

その子は見た目も大人しく、格闘技をやっているような感じではないです。プロレスが女性のあいだではやっているんですか?

また、そういう女の子はマッチョな男がタイプなんですか?

a 『プ女子』は強くて優しい男性がタイプ。マッチョよりも、精神的な男らしさを磨いてみて。

こんにちは! ご質問ありがとうございます。ライターの白鳥です。

意外な趣味ですか。そういえば、私の場合も「グロい画像をついつい見ちゃうの。とくに寄生虫の手術動画とか」と言うと、大体の男性はドン引きしますね。え? それはさすがにマイナーすぎですか?

さて、彼女さんの場合は“プロレス好き”とのこと。いわゆる『プ女子』さんなのですね。

女性から見たプロレスの魅力、私も興味があります。では、具体的に見ていくことにしましょう!

160205shiratori

観客のおよそ3割が女性! 今、プロレスが熱い

『プ女子』とは、プロレス女子の略。プロレスを愛してやまない女性たちのことを指す言葉です。

一時期、プロレス業界は人気が低迷していましたが、ここ数年でV字回復を遂げました。それは、20代、30代のプ女子のおかげなのだとか。

最近は一人でプロレス観戦に来る女性も多く、団体によっては観客の半分を女性が占めることもあるそうです。もはやプロレス観戦に女子が来ることは珍しくないみたいですね。

では、具体的にプ女子の皆さんは試合をどんなふうに観戦しているのでしょうか。

(a)うちわやタオルなど、選手の名前入りの手作りグッズを作って応援!
(b)客席でカメラをパシャパシャ。選手を撮りまくる!
(c)選手の写真集やグッズは絶対購入。中にはコレクション用に何個も買う人も。
(d)お目当ての選手がいれば、すかさずグッズにサインを要求!
(e)選手と一緒に写真撮影は基本!
(f)家に帰ってからも、ビデオで復習!

ほほう。まるでアイドルのライブ会場並みの盛り上がり方じゃないですか。

この女性人気に応えて、新日本プロレスは選手のグラビア風インタビューのほか、選手のポスターを付録にしたビジュアルガイドを販売し始めたそうです。とっても好評らしいですよ!

プ女子にとって、選手は距離の近いアイドルのような感じなのかもしれませんね。

リング上ではかっこいい! リングを降りればかわいい

我こそはプ女子という女性に「プロレス好きになったきっかけは?」と聞いたところ、

『友達の付き添いで試合に行ったら、レスラーがすごく男らしくてカッコいいと思いました』(35歳女性/OL)

という答えが返ってきました。

周りを見渡せば、草食系男子や会社の愚痴を言う男性ばかり……。そんな中、リングの上で勇ましく戦う男性の姿に胸がキュンとなったそうです。また、

『リングの上では強くて、近寄りがたい感じだったけど、ブログではすごくかわいい一面が見られてそのギャップにやられた』(29歳女性/販売)

という意見も。

今はSNSやブログなどでレスラーとの距離が近い時代。リングを降りたときの、気さくでかわいい一面にときめく女性も多いみたい!

会える! 触れる! プロレスの魅力

会場に行けば握手やハグをしてくれるなど、ファンサービスの充実っぷりはAKB以上かもしれないと噂のプロレス界。

『お願いしたら、お姫様だっこしてくれました!』(32歳女性/OL)

憧れの男性のたくましい腕で、ひょいっと持ち上げられたらたまりませんよね。


まとめると、プ女子は“強くて優しい男性”に憧れているようです。

しかし、「俺は全然筋肉がないから……」と落ち込むのはまだ早い! 女子の求める“強さ”はなにも腕っぷしのことだけではありません。

「いざというとき頼りがいがある」「仕事で分からないところを優しく教えてくれた」など、「この人頼もしい!」と女性が思える存在になれば、きっと男性として見てもらえるはず。

レスラーを参考に男を磨きつつ、「俺もプロレスに行ってみたいな!」と言ってみるなど、積極的に彼女と距離を詰めてみるのはいかがでしょうか。

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする