磯山さやかに学ぶ! ぽっちゃりでもモテるスタイルアップコーデ術3つ

【相談者:20代女性】
下半身はがっちりしているし、お腹もプニプニ……。恥ずかしいですが、スタイルは良くありません。でも、かわいくなりたいし、ファッションも楽しみたいんです。スタイルアップのコツを教えてください。

a 体型を活かしたファッションを。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

すべての人がモデル体型ではありません。

モデルのように上半身も下半身もすらっと長い“I型”だけでなく、上半身は華奢なのに下半身がややぽっちゃりしている“A型”や、逆に上半身がふっくらしていて下半身がシュッと引き締まっている“Y型”など、人によって骨格や体型は違います。

“体重を減らしたらモデル体型になれる”とも限りません。

現代の女性たちは、お尻が小さく全体的にスマートな体型を“美しい女性”と判断しがち。私を含め、そうでない体型の女性たちは肩身の狭い思いをしてしまいますよね。

でも、大丈夫。自分の体型を活かして、よりかわいく、スタイル良く見えるファッションを楽しみましょう。

160202naoillast

“磯山さやか式”ならぽっちゃりでもモテる!

多くの人から愛されている磯山さやかさん。彼女は著書『ぽちゃモテ!』の中で、『昔はぽっちゃり体型を超気にしていました』と過酷なダイエット経験があることを語っています。

しかし、

『ありのままの自分をまるっと受け入れて、そのうえでおしゃれも、メイクも、他のいろ〜んなことも楽しむ! できるだけ可愛く見せるように努力する! そう決めたら、前より不思議と自分らしさも出せるようになった気が』

と、自分らしさを活かした“ぽちゃモテ!”コーデ術を披露しています。

「ここもダメ、あそこも醜い」と不満に思っているばかりでは、いつまでも変わりません。少しでもかわいく、華奢に見えるコーデでおしゃれを楽しんだ方がずっとずっと自分を好きになれますよね。

磯山さやかさんのファッション術から、ぽっちゃり下半身をスマートに見せるコーデ術を学びましょう。

磯山さやか直伝! “スタイルアップ”術3つ

『ぽちゃモテ!』では、磯山さやかさんが普段実践しているスタイルアップコーデ術がたくさん紹介されています。中でも参考にしたいのは、体型をしっかりカバーしながら華奢に見せる、次の3つのコーデ術。

(1)華奢な部分をしっかり見せる

デコルテや手首、足首は、華奢に見せる重要なポイント。

シャツのボタンを少し開けてデコルテを強調したり、袖をめくって手首を目立たせたり、パンツをロールアップして足首を見せたりすることで、細さを強調することができます

(2)クビレは“作る”

ワンピースなどのように、クビレがないAラインやIラインのファッションは、かわいらしい印象を与えることができる一方で、ふくよかに見せてしまうデメリットも。

そんな場合はベルトでマークしたり、トップスをインしたりしてクビレを強調しましょう。

(3)上半身を華やかに

上半身に華やかな色のものを持ってくると、下半身から目線をそらすことが可能。下半身が気になる場合は、トーンの低い暗めのボトムスを選んで、上半身を艶やかに仕上げましょう。

メリハリをつけることで、下半身をより細く感じさせることができます


多くの人から愛されている磯山さやかさんでも、体型を気にしたり、コンプレックスを感じたりしているのですね。“完璧”な人などなかなかいません。誰しも「ここが嫌!」というコンプレックスを持っているもの。

ぽっちゃり体型がコンプレックスの場合は、手首や足首、首元、上半身を強調すると、より華奢に見せやすくなりますよ。ぜひ、自身の体型を活かして“自分らしい”ファッションを楽しんでくださいね。

【参考文献】
・『ぽちゃモテ!』磯山さやか・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

イラストで解説♡

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする