脳科学で判明! 女性が過去の話を蒸し返して怒るワケとベストな対処法

【相談者:30代男性】
いつも「厄介だな」と思っていることがあるので、相談します。女性ってなぜ“昔の話”を蒸し返してくるのでしょう?

以前にその件はきちんと謝って解決したはずなのに、「あのときあなたは○○と言った」「あのとき△△してくれなかった」と今は関係のないことを過去にさかのぼって怒り始めるのはなぜでしょう?

a 確かに女性は“過去の怒りを蒸し返し、責める”ことがあります。その理由と対処法をお伝えします。

ご相談いただき、ありがとうございます。仲人士の忽那里美です。結婚相談所を経営するとともに、20代から70代の男女の恋愛相談に乗っています。

今回のご相談は、女性である私にとりまして、“耳の痛い”内容です。

確かに“過去の嫌だったこと”をまるで今経験しているかのようにありありと思い出し、怒りが込み上げることがあります。

自戒も込めまして、「なぜ女性は過去の話を蒸し返し怒るのか?」「対処法は?」についてまとめます。

150201kutsuna

女性は“過去の関連記憶を一気に思い出す天才”

本題に入る前に、「女性は、良いことも悪いことも男性より記憶している」と思いませんか? たとえば、

「お付き合いした日は○月×日よね」
「初めて行ったレストランは、○○だったよね」
「そのとき、あなたは茶色いジャケットを着ていて、雨が降っていて、店員さんの対応が悪くて……(延々続く)」

というように、男性が「そうだっけ?」ということを覚えていると思いませんか?

これは脳科学者の黒川伊保子氏いわく、『理由は簡単。女性脳は、過去の関連記憶を一気に思い出す天才』だからだそうです。

詳しく説明していきましょう。

女性に備わった“過去を思い出す”能力が良く出る場面・悪く出る場面

女性(=哺乳類のメス)は、“生殖リスクが高い”生き物です。

子どもを産んで自立させるまで、長い年月を要します。一生で産める個体数も少ないので、最初の子育てから失敗するわけにはいきません。

そのため、“初めてのトラブル”にも対応できるように臨機応変力を手に入れたそうです。

たとえば、“子どもが熱を出した”→“何か月も前に公園で立ち話したママ友の話を思い出す”→“ずっと前に観たテレビを思い出す”→“自分の小さいころ、親がしてくれたことを思い出す”などなど。

関連する記憶を思い出し危機を乗り切るというのが、“女性脳に搭載された基本能力”なのだそうです。

これだけ見れば“素晴らしい才能”ですが、悪く出ると“あなたが今言った無神経なひと言”が芋づる式に“過去の嫌な出来事”を呼び起こさせてしまう……というわけです。

なんとも申し訳ないような気分ですが、良い面(トラブルを対処できる)と悪い面(過去の嫌な話を蒸し返す)両方を持つ女性脳を、できれば理解していただきたいと思います。

“過去の話を蒸し返して怒る”女性への対処法はこれです

私も含めまして、女性は往々にして“過去の話を蒸し返して”男性を責める傾向があることを認めます。

対処法としましては、前述の黒川伊保子氏によれば、

『「今の些細な一回」に腹を立てているわけじゃない。過去の無神経な出来事のすべてに傷ついているのだ。男性にしてみたら何度もあやまったことかもしれないが、今ここでもう一度傷ついているので、もう一度あやまってあげてほしい』

これが、脳科学の立場から書かれた解決方法になります。

先日、友人の医師がこんな話をしてくれました。

『奥さんが手術をする場合、必ずダンナさんに言う一言がある。それは「絶対に手術の時間を間違えないこと」「優しい言葉をかけること」。

それをしなければ、一生「あなたはあんなに大事なときなのに遅刻してきた。優しい言葉もかけてくれなかった」と恨み節を言われ続けますよ』

これも、女性特有の“いつまでもつらかった経験をグチる”特性をよくわかっている一言だと思います。

相談者さまの“厄介なお気持ち”はごもっともですが、「それは前に謝っただろう!!」と言うと火に油を注ぎますので、「ごめん」と言っていただけると問題はよりスムーズに解決すると思います。

また、女性も、“過去の話を蒸し返す癖”は男性を辟易させているのだと認識するように努めてまいりましょう。

また何かありましたら、ご相談ください。

【参考文献】
・『鈍感な男 理不尽な女』黒川伊保子・著

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (19)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする