どんな相手が理想的? 幸せな再婚を実現させたバツイチ男女の体験談3つ

【相談者:20代女性】
現在、バツイチの彼氏と付き合っている27歳です。私が感じるには、彼はとても優しく、良識もあり、結婚を視野に入れたお付き合いをするのに申し分のない男性だと思うのです。

しかし、親は反対のようで、「結婚したら豹変するのではないか」「見えないところに欠陥があるのではないか」と心配し、付き合いそのものにいい顔をしていません。

再婚で幸せをつかんでいる方も多いように見受けられますが、どのような場合に再婚での結婚生活がうまくいくのでしょうか。

a 前の結婚生活と自分自身に対する分析ができている場合が多いです。

ご質問ありがとうございます。ライターのPink-Lemonadeです。

再婚がうまくいく場合としては、まず、前の結婚生活のどこに最大の問題があったのかを本人が理解している必要があります。100%相手のせいにするような場合は論外です。

自分の性格が欠点となりうる相手との組み合わせを自覚しない限り、同じ失敗を繰り返すことになるからです。再婚で幸せをつかんだ男女の3例を挙げてみます。

160129pinklemonade

(1)キャリア女性と離婚し、専業主婦志望の女性と再婚した50代男性の場合

『私は生活レベルを下げたくなく、また、自由が欲しかったため、「自分に寄りかからない自立した女性を」と前の妻と結婚しました。しかし、家事だけでなく育児までも同等の分担を求められ、自分を立ててくれないばかりか、女性が持ち合わせているような細やかな気遣いまで求められて辟易しました。

喧嘩が絶えず離婚しましたが、家事を全て担ってくれ、にこやかに自分の帰りを待っていてくれる今の妻と出会えたことは幸いでした。自分は思っていたよりもプライドが高く、女性を保護する代わりに私の意思を尊重してくれるタイプが一番だと前妻との結婚生活で気付けたことが、今の幸せに繋がっていると思います』(管理職/50代男性)

収入も、家事・育児も、そして自分の自尊心の尊重まで相手に求めてうまくいかずに離婚。難ありの男性に見えますが、現実的な方向に舵を切れたことが成功の理由のようです。

(2)自分の仕事を理解してくれる妻と再婚した30代男性の場合

『前の結婚の失敗は、自分の仕事が忙しすぎて全く構ってやれなかったことです。出された料理の感想ひとつ言ったことはありませんでした。また、彼女からの相談にも乗った試しがありません。前妻が他の男性と浮気をし、それが元で離婚しました。

私の再婚相手は、同じ会社の部下でした。私の忙しさを理解した上で尊敬もしてくれています。プライドが高いのがやや難点ですが、そこさえ満たしていれば特に寂しがるということもなく、仕事に家事に趣味にいそしんでいます。幸運だったと思っています』(SE/30代男性)

仕事が忙しすぎ、更に自分に関心を持ってくれない男性から相手の心が離れてしまうパターンです。自分の仕事を理解してくれるポジションにいる女性が好意を受け入れてくれた、理想的な事例と思います。

(3)自分の育った環境を受け入れることで新しい出会いをつかんだ30代女性の場合

『前の夫とは、学生時代、自分自身や自分の育った環境を否定していたころに知り合いました。何もかもが自分と正反対で理想的に見え、惹かれていきました。相手も、「自分の母とは全く正反対の性格で新鮮だし、同じような性格の女性は家族に2人も要らない」と言ってプロポーズしてくれました。

しかし、家庭生活では、相手は相手の母親のような性格や役割を私に期待して押し付けてきましたし、私は私で自分の性格を崩されないように精一杯でした。結局は相手の両親までもが私の全人格の否定をし始め、心療内科に通うほどに追い詰められたために離婚しました。

結婚生活において、私を全否定したのは相手と相手の家族ですが、その状況を招いたのは自分自身を否定していた私なのだと反省し、同族嫌悪のような形で距離を置いていた男友達と再婚しました。今は、無理に理想の自分にならなくて済むこともあり、相手のわがままもだいぶ許せています』(パート主婦/30代女性)

自分を否定して新しく自分を作り上げることは、成人してからでは不可能です。意識を変えることで生きやすい環境を得ることができた事例です。


ある人にとっては良識がある理想的な相手でも、選んだ状況によって「常識のない人」「欠陥がある人」と言われてしまうことは珍しくありません。

ただし、DVやモラハラの性質が認められる男性(女性)や、浮気性の男女などは、慎重に見極める必要があると言えます。バツのある相手との結婚を考える場合には、ある程度の時間をかけて見定めていきたいものです。

●ライター/Pink-Lemonade(恋愛・婚活・結婚生活分析家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする