現実を見て! エリート男性との結婚しか認めない両親との向き合い方

【相談者:20代女性】
26歳のOLです。先日、中堅企業のSEの彼と結婚したい旨を両親に伝え、彼に私の実家に挨拶に来てもらいました。しかし、両親は彼の社会的地位が低すぎると言います。

なんでも、名のある企業の跡継ぎか高級官僚以外は認めないと言うのです。両親は高卒の工場労働者で、賃金が低く大変に苦労したため、私には同じ道を歩ませたくないと強烈に反対します。

親を納得させるために、彼と付き合いながら婚活を始めましたが、交際を申し込まれることは多いものの、親が言うような地位とは程遠い男性ばかりです。

これでは、現実的に結婚は無理なように思われます。良いお知恵をお貸しください。

a 自分をしっかり持ってください。

ご質問ありがとうございます。ライターのPink-Lemonadeです。

苦労されたご両親に対する深い愛情と感謝を持たれる質問者様だからこそ、彼との出会いがあり、そしてたくさんの方からの交際の申し込みがありますこと、何となくですが理解できます。

しかし、だからといって、彼と共に結婚に向けてご両親の説得に当たるべき時期に婚活をしてしまうという意識のあり方は、理解に苦しみます。これから先、誰と共に人生を歩もうとしているのかを明確にしてください。今のままでは、ご両親としか人生を歩んでいけません。

160127pinklemonade

自分を見てみてください

婚活をしてしまう背景には、自分がもっと社会的地位の高い男性と結婚できるのではないかという思いがあり、そういった結婚を望む心があるということだと思います。

けれども、それならばなぜ彼と結婚したいと思ったのでしょう。結局、しっくりくる感覚があったのではないでしょうか。“しっくり”の正体は無数の原因があるので一概には言えませんが、あなたは、“超”のつくエリートにしっくりくるでしょうか。

自分は当てはまるか確認してください

森剛志氏、小林淑恵氏による著書『日本のお金持ち妻研究』に、富裕層の男性と結婚した女性の特徴が挙げられています。

この本によれば、無職のまま結婚したという女性は、9割方「育った家庭は裕福であった」と答えています。また、キャリア型玉の輿婚の場合にも、

『彼女たちの生まれ育った家庭は決して貧しくはない。父親は地元の名士や堅実な勤め人であったりするが、特筆すべきは母親の教育水準の高さである』

と述べられています。

生まれ育った家に関して上下関係があるとは思いませんが、同じ土壌で同じ価値観を培った者同士が集まりやすいのはいつの世でも同じです。

今すぐ婚活をやめましょう

質問者様は26歳。親御さんはまだまだこれからと思っていらっしゃるかと思いますが、言い方は悪いですが今が最高値という自覚を持たれた方がいいです。

また、彼の気持ちをくみましょう。自分が結婚まで考えている相手が婚活となれば、信頼関係に深刻なひびが入ります。ご両親を説得できなければ家を出るぐらいの覚悟で臨まれることを願います。

もし、そこまでの思いがないのなら、婚活よりも介護の準備をされるとよいと思います。大事な人は、離してはいけません。後悔のない人生を歩まれることを願います。

【参考文献】
・『日本のお金持ち妻研究』森剛志・小林淑恵(著)

●ライター/Pink-Lemonade(恋愛・婚活・結婚生活分析家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする