別れ話でカケヒキはNG! 恋愛に淡白な彼氏への不満の捉え方と解消法

【相談者:20代女性】
こんにちは。付き合って1年半の彼氏がいますが、別れ話を切り出そうか悩んでいます。彼のことが大好きだから、告白して付き合ってもらいました。でも今は、大好きすぎて不満がたまっていくのです。

会っているときや電話しているときは、彼の愛情が伝わってくるし幸せです。でも、彼は連絡を返してくれないことが多く、デートも月に数回だけ。友達付き合いや仕事が忙しいようです。

私ばっかり相手を好きみたいで悲しいです。別れると言えば、少しは状況が変わると思うのですがどうでしょうか。

a 淡白な彼に、別れ話によるテコ入れは通用しなさそう。現在の幸せを噛みしめ、不満の捉え方を変えてください。

こんにちは、ライターのティッシュまみれ子です。

今回の相談者さんは、彼氏とのコミュニケーション頻度に不満を抱えています。相談内容で印象的だったのは、“不満を伝える”という選択肢について一言も触れられていないことです。

・嫌われるのが怖い
・雰囲気を壊したくない
・喧嘩が面倒くさい

などの理由から、不満を伝えられない女性は多いもの。でも察してほしくて、“別れ話”というマル秘アイテムを使う……。このやり方は正解なのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

160126mamireko

そもそも不満を覚える原因は?

「大好きな彼に告白して、付き合ってもらった」という相談者さん。付き合いたてのころは満たされていて、幸せいっぱいだったのではと想像します。

それが1年半後の現在では、会う頻度のアップを求めている。心理学でいう『要求水準』を思い出しました。人は一度満たされてしまうことで、より高い水準を要求するもの。このままでは、あなたは一生満たされません。

まずは現在の幸せに目を向けてください。大好きな人が愛情を示してくれる。月に数回も会ってくれる。恋愛ならではの充実した時間を与えてくれているのです。その幸せを、その都度、思いっきり噛みしめてください。

「デートは月に数回が理想」という人もいる

月に数回のデートを、あなたは極めて少なく感じているのでしょう。しかし、彼にとってはそれでも多いくらいかもしれません。現に『エキサイト恋愛婚活』の調査では、会う頻度について男性の13%、女性でも15%以上が「月に数回」を理想としています。

2人に1人が恋人に不満を言えないでいる

「パートナーに言えないけど、我慢していることがある?」。この質問にYESと答えたのは、男性43%、女性49%。カップル専用アプリ『Couples』のユーザー3471名のうち、女性の2人に1人が恋人に言えない不満を抱えているという結果でした。

具体的な不満は「もっと会いたい」「もっと連絡が欲しい」「もっと愛情表現をしてほしい」などです。相談者さんのお悩みに近いのではないでしょうか。

ラブラブでも、恋人への不満はあるものだ

前項のアンケート源であるアプリ『Couples』の機能は、カップルで思い出やスケジュールを共有できるというもの。つまり、ラブラブ放題のいちゃこらアプリを利用するリア充ユーザーが調査対象なのです。

うまくいっているふうなカップルでも、自分をさらけ出せないケースが半数もある。そう思えば、恋人に不満を抱えるのは普通のことなのだと感じられるのではないでしょうか。

別れ話はテコ入れになるのか?

あなたが「別れたい」と言ったあとで、「やっぱり別れたくない。本当は寂しかった。もっと会いたい!」と泣きじゃくったとしましょう。彼はどう思うでしょうか? おそらく「試された」と感じ、身を引きたくなるはずです。

まれに別れ話がテコ入れ効果を発揮するケースがあります。相手が刺激の強い愛情表現を好むのがこれに当たります。

しかし相談者さんの場合は違います。彼はデートや連絡の頻度が低く、友達付き合いを大切にしていますよね。恋愛に淡白、もしくは穏やかな関係を望んでいる人なのでしょう。今の彼では、あなたの重さを受けとめきれません。

間接的に、ポジティブに。不満を伝えるコツ

デート中に、「会っている時間が幸せだから、もっとデートがしたい」と伝えましょう。彼は、「こんなに喜んでくれるなら」と、デート頻度の更新を考えてくれるかもしれません。

あなたは「寂しい時間を減らしたい」のではなく、「幸せな時間を増やしたい」のです。そんなふうに、捉え方から変えてみてください。不満を解消するための足掛かりになるはずです。

要点まとめ

・現状の幸せに目を向けて、噛みしめよう
・会う頻度の理想は人により大差ある
・2人に1人が恋人に不満を持っている
・恋人に不満を持っていてもラブラブである
・淡白な彼氏に、別れ話によるテコ入れは通用しない
・「寂しい時間を埋めたい」ではなく「幸せな時間を増やしたい」

結論を急がずに2人の歴史を積み上げてください。いずれ時がたちます。そして、マンネリ化するくらい長く付き合えば、2人の心境も様変わりします。

あなたの重さや不満爆発グセなんて、彼にとって屁でもなくなりますよ。その日を目指して、今は我慢ガマンです!

【参考リンク】
「恋人と会う頻度」の意識調査 | エキサイト株式会社
あなたは大丈夫? 約2人に1人が恋人に言えない不満あり! | 株式会社エウレカ

●ライター/ティッシュまみれ子(ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする