いくら減額デキる? 不倫の慰謝料の相場と大金を請求された時の対処法

【相談者:20代女性】
今付き合っている彼氏は既婚です。この前私たちの関係が奥さまにばれてしまいました。そして、現在奥さまから慰謝料の請求をされています。

奥さまから届いた請求書には金額が1,000万円と書いてあり驚愕しているのですが、現実問題こんな大金は払えません。こういった場合、絶対に1,000万円払わなくてはいけないのでしょうか。

a 1,000万円は相場と比べ極めて高額。妥当な額まで減額しましょう。

ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の篠田恵里香です。

今回のケース、結論として1,000万円を支払う必要はないでしょう。法的に妥当な額まで減額した金額を支払えばよいといえます。

160114chihiro

不倫の慰謝料の相場は100〜300万円程度

そもそも、不倫は相手の家族関係を壊す違法行為ですから手を引くことをお勧めします。奥さんがいる男性と不倫関係に陥る行為は、“円満な夫婦関係に亀裂をもたらす行為”として慰謝料を支払う義務が生じます。

これにより相手の夫婦が離婚に至った場合は、奥さんの傷も相当深いと考えられ、相場としては100~300万円程度が慰謝料の金額となります。

一方、離婚に至らない場合は奥さんの傷も離婚のケースよりは小さいと考えられており、相場としては100万円くらいが慰謝料の額となります。

不倫を何度もし、暴力までふるって離婚……という極めて悪質なケースであれば1,000万円という額もあり得なくはありません。

しかし、離婚に至らないケースで1,000万円という金額は相場に比して極めて高額です。故に、通常はこの金額を払う必要はありません。

責任割合に応じて、彼氏に慰謝料の負担を請求することができます

また、不倫の慰謝料の金額は、奥さんから“夫と不倫相手女性に対して合わせていくら”という考え方となっています。たとえば、妥当な慰謝料額が100万円だった場合、あなたと彼氏と合わせて100万円を奥さんに支払うということになります。

これは『不真正連帯債務(ふしんせいれんたいさいむ)』といって不倫した当事者2人の連帯責任となるため、全額を請求されたらいったんは全額支払わねばなりません。

ただし、その後「彼氏も半分悪いんだから50万円は負担してね」と請求を受けた彼女側から彼氏にその責任割合に応じて請求することができます。これをすることができる権利を『求償権(きゅうしょうけん)』といいます。

離婚に至らない場合、奥さんとしては不倫相手から100万円もらった後に夫の財布から50万円出ていくのでは不合理ということで、はじめから「夫には求償しないでね」ということにして、これを前提に50万円で解決するというのが通常です。

したがって、相場の慰謝料から夫の負担割合を減額清算した金額を支払って解決することがベストでしょう。

慰謝料の支払い義務が発生しない可能性も

また、不倫前から相手の夫婦関係が既に破たんしていた(別居はひとつの目安)という場合や、破たんしていたと落ち度なく信じ切っていたという場合は慰謝料の支払い義務さえ発生しない可能性もあります。

不倫の慰謝料を請求する際は、やはり相当憤慨しています。気持ちとしては500万円を受け取っても許せないというケースも多く、当初は300万円~500万円など比較的高額の請求をするケースが多いです。ただし、結果としては50万円や100万円程度で和解に至ることも少なくありません。

私の扱った中にも、“500万円の請求をされ50万円に減額ができた”ケースや“300万円を請求され35万円に減額ができた”ケースなどがあります。

少なくとも1,000万円をそのまま支払う必要はないと思われますので、今回の具体的な事情をもとに妥当な金額(彼氏の負担部分も清算した金額)を支払って解決できるのがベストですね。相手との交渉がなかなか難しい場合は、ぜひ弁護士を頼ってくださいね。

●ライター/篠田恵里香(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする