食欲が消える!? ダイエットに効く恋愛ホルモンを分泌させる方法4つ

こんにちは、コラムニストの愛子です。

痩せたい、綺麗になりたい、だけどつらいのは嫌。我慢はしたくない。誰だって、楽しく理想のスタイルを手に入れたいですよね。そこで今回は、そんな欲張りなあなたにピッタリのダイエット方法をご紹介します。

恋愛ホルモン『PEA』には食欲減退効果あり!

恋愛初期に分泌される『フェネチルアミン(PEA)』というホルモンには、食欲減退効果があることが分かっています。

その他、やる気を引き起こす効果や、脳内麻薬とも呼ばれる快楽ホルモン『ドーパミン』の分泌を促すことも知られており、このドーパミンがたくさん分泌されているときも空腹を感じないのです。

好きな人と食事をすると「胸がいっぱいで食べられない」というのは、ただロマンチックなだけの言葉ではないのです! 胸いっぱいの正体はずばり『PEA』!

この作用を使ってうまく食欲を抑えれば、楽しくダイエットできちゃうのです。いつでも自在に本物の恋愛ができる人は良いのですが、そんな人はごく稀でしょう。でも大丈夫! PEAを分泌させる方法は他にもあります。

160122aiko

PEAを分泌させる方法4つ

(1)チーズ、チョコレート、赤ワインを摂取する

これらの食品には、PEAの分泌を促進する効果があります。特に、チーズにはたくさん含まれており、低糖質ですからダイエット中のおやつにピッタリです。

チョコレートは高糖質なので、カカオ量が多いものを選ぶといいですね。少しだけですが、ビールにもPEAが含まれているそうです。私は昔からチーズが大好きで、「何でこんなにも癖になるのだろう」と思ったこともありましたが、この事実を知ったときとても納得しました。

お酒の席でも、最初の1〜2杯は迷わずビール。その後は赤ワインを選ぶことが多く、自然とPEAを求めていたと知り腑に落ちました。ビールやワインは糖質を多く含んでいるので、おつまみは低糖質なものを選ぶなど工夫すると良いですね。

(2)美しいものを見る

壮大な景色など、感動するほど美しいものを見たときにもPEAは分泌されます。映像や写真も良いですが、できれば実際に足を運ぶと効果的です。そういうことに時間やお金を使う習慣そのものも、ダイエットに繋がりますしね。

家でゴロゴロしてお菓子を頬張っているより、美しいものを見て、感動し、PEAをたくさん分泌させる。それにより食欲も抑制され、楽しみながらスリムになれるという訳です。

(3)お洒落をする

特に女性であれば、普段より少し肌を見せてみるのも良いと思います。心理学では、自分に自信があると露出が増えることが分かっていますが、逆にファッションから先行して気持ちを引っ張っていくという方法もあります。

ミニスカートや少し胸元の開いた服を着るといいかもしれませんね。肌を見せるのに抵抗がある方は、普段着ないデザインのものや着ているとテンションの上がるような服を選びましょう。

PEAやドーパミン、快楽ホルモンの分泌量はファッションによっても左右されます。鏡を見て落ち込むようなファッションは避けましょう。「私って素敵」と思えることが大切なのです。

(4)映画やドラマ、漫画で疑似恋愛

PEAは疑似恋愛でも分泌されることが分かっています。自分の好みをチョイスしやすい疑似恋愛なら、いつでも手軽にドキドキすることができるのでとっても便利。

休日など、ついお菓子に手が伸びそうになったら、レンタルショップや本屋さんへ! 今はインターネットでも簡単に動画や漫画を楽しむことができますよね。ドキドキすれば自然と食欲がなくなりますよ。


以上が、私のおすすめの“恋愛ホルモン”を増やしてダイエットに活かす方法です。何と言っても、ずば抜けて効果が高いのはやっぱりリアルな恋愛ですけどね。皆さん、一緒にドキドキして楽しく綺麗を目指しましょう。

【参考リンク】
フェネチルアミンの概要 | 食品安全委員会(PDF)

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする