ずーっとラブラブ! オトコが「離れたくない」と思う女性の特徴3つ

こんにちは。恋愛心理パティシエのともです。

私は既婚者ですが、周りの既婚者を見ても長年ラブラブでいる夫婦がかなり多いことに気づきました。私はさておき(汗)、結婚しても長年ラブラブでいられるカップルって、男性側がどうであるかより、やっぱり女性側が“男性から飽きられない方法”を知っていて、それを長く実践しているからなのですね。

“女性側がどうあるか”で恋愛感情が長続きできるかどうかは決まる! ということ。そこで今回は、「男性が離れたくない女性とは?」という質問を関係が長続きしている男性に聞いてみました。

(1)上手に放っておける

『あまり干渉されたくない。上手に距離感を保ってくれる方が居心地がいい』(30代男性/営業職)

男性は「一人になりたい」と思うときが女性より多いのです。女性はできるだけ好きな男性の側にいてベタベタと構いたい、というより……「構ってほしい!」と思いますが、男性はどちらかというと“自由な時間の方が大事”な生き物。

結婚後も“自分だけの空間”を欲しがるのは女性より男性なのです。「好きだから一緒にいたい」ではなくて「好きだからこそ放っておく」という距離感が長く続く秘訣。毎日一緒にいるとその“ありがたみ”さえ忘れてきてしまいます。

お互いが自立してこそ、大人のカップルと言えましょう。特に、仕事を優先させている男性は、女性にそれを邪魔されてしまうと嫌いになってしまうことだってあるので注意です。間違っても、「私と仕事どっちが大切なの?」なんて質問はしないように。

160121tomoillast

(2)話を聞いてあげられる

『仕事で疲れて帰ってきて、また家でも愚痴を聞かされるとウンザリ。こっちの愚痴も聞いてほしい』(30代男性/SE)

大半の女性がお喋りが好きなのは、まあ……仕方ないのかしれません。ただ、同じことを永遠にグルグルと言い方を変えて何時間も話す女性に、男性は辟易することも多々あります。

だからこそ、“話を聞いてあげられる女性”ってすごく貴重な存在。女性は思ったことをすぐ口に出してしまいますが、男性は思ったことを考えてから言葉にする傾向があります。

男性の話すペースを理解してあげて、自分の話ばかりするのではなく「うんうん、分かるよ」と否定せず共感してくれる女性が癒し系の女性です。

男性は外で毎日戦っているので、帰ってきたら「癒されたい」と思うのは当然のことですね。癒しを与えてあげることができれば、もうあなたから離れられなくなるのです。

(3)かわいさを感じさせられる

『料理が苦手と聞いていたのに、朝から早起きしてお弁当を作っていてくれた。そのとき結婚したいと思った』(40代男性/公務員)

我が強い女性、自分をしっかり持っている女性……決して悪いワケではないですが、やっぱり男性はベタな自分の理想通りになろうと必死になってくれる女性が好き。

「俺はスカートが好きだ」と言えば次の日にはスカートを履いてきてくれるような人。女性の中では、男性の思い通りになるなんてかっこ悪いというような風潮がありますが、男性からしてみれば女性にかっこよさはあまり必要ないのです。

男性が好きなスポーツに興味がなかったとしても、一生懸命勉強して話題についてこようとする。趣味に関しても、「あなたに合わせるわ」という姿勢にキュンときます。そして夜はどんなに眠くても、仕事の帰りを寝ずに家で待っていてくれるような女性もそうですね。

「私ってサバサバして男っぽいの」という言葉は女性ウケはしても男性ウケはしません。男性の大半は、“女性らしくあろうとするひたむきなかわいらしい女性”に惹かれます。昔の恋愛ドラマのようですが、それは時代が変わろうがずっと同じではないでしょうか。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

イラストで解説♡

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (38)
  • うーん (13)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする