カタルシス効果で解消! 悩んでいる彼の気持ちを軽くする心理テク

【相談者:20代女性】
また付き合い始めたばかりの彼氏のことで相談です。部署は違うのですが同じ会社で働いています。彼はお正月休みが明けてから仕事のことで何かあったみたいで、一緒にいるときも暗い顔をしています。なんて声をかけていいのか分かりません。

せっかくの休日に仕事のことを考えさせてはいけないと気を使ってはいるのですが、どうしたらいいでしょう?

a 『カタルシス効果』で信頼関係を深めましょう。

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

同じ会社で働いていると中途半端に情報が入ってくることもあるので、かえっていろいろと気を使ってしまいますよね。お気持ちお察しします。

今回は古代ギリシャ時代から、すさんだ心を浄化する機能があるとされ、今でも心理学・精神医学で重視されている『カタルシス効果』から彼との会話について考えてみましょう。

160121sayuri

カタルシス効果の定義

カタルシス効果とは、“対処困難な行動や欲求・感情、またはその葛藤などを言語的あるいは非言語的に表現することで意識化、発散し、症状や問題行動を消失させる現象である”と定義されています。

要するに、悩みや怒りといったネガティブな感情をあえて吐き出させることですっきりしてもらうということです。私たち心理カウンセラーがクライアント様の話にひたすら耳を傾けるひとつの理由もそこにあるのです。

あえてその話題に触れてみましょう

きっとご相談者様は、一緒にいるときくらい仕事の嫌なことは忘れさせてあげようという優しい気持ちで、彼が悩んでいるであろう話題を避けているのだとは思います。

しかし、そこはある程度、事情が分かっている同僚だからこそ、あえて「○○って大変だって聞いているけど、どうなの?」などと具体的な人物や仕事内容に触れてみてください。彼が抱えている悩みや問題を吐き出すきっかけを作ってあげましょう。

ただ聞くだけでも心はすっきりし、信頼関係が深まることでしょう

カタルシス効果は吐き出した人の心がすっきりするだけでなく、恋愛心理としてはネガティブな感情を共有することでお互いの好意が高まるという効果もあります。

「そっかー」「そんなに大変なんだ」と同意の相づちを打ち、時には「私なら耐えられないよ」と尊敬の気持ちを表現するなど、聞き手に徹するといいでしょう。

そして、パートナーの表情に明るさを感じられるようであれば、ボーリングなどの体を動かす場所へ誘いましょう。運動することで、幸せホルモンとも呼ばれストレスを軽減してくれる『セロトニン』の分泌を促進することができます。パートナーの重い心がさらにすっきりすると思いますよ。

一時期、お皿を壁に投げつけて割るというお店が話題になりましたが、これも非言語的なカタルシス効果を狙ったもの。話題に触れることを過剰に怖がる必要はありません。ぜひ、じっくり話を聞いてあげてくださいね。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする