愛を取り戻す! 彼との復縁に本当に効果がある“沈黙”テクニック2つ

こんにちは。女優&ライターのmamiです。

恋愛において女性と男性にはタイムラグがあると言われています。狩りの本能を持つ男性は初期において女性を激しく求め、マメに愛を表現したり労力を使って彼女を手に入れようとしたりします。

ところが、ほだされた女性が彼を愛し始めると、男性の恋愛への興味は薄れていく。……ああ、ヒ、ニ、ク! そこで女性の悩み苦しみが始まるわけです。

「彼の気持ちが冷めてしまったことを感じて苦しんでいる」
「自爆して別れたけれど、あの人が忘れられない」

そんなとき、ちまたでは女性の方から一切連絡を絶つ“沈黙”テクニックがいいとされていますよね。“がまんしてダンマリを続ければ、やがて彼の方から戻ってくる”って。

でも、ちょっと不安になりませんか?

「黙っているあいだに忘れられちゃうんじゃないの?」
「新しい彼女ができて永遠に会えなくならない?」

ええ。その心配、まんざら間違っていないです。

「じゃ、沈黙テクニックなんて役に立たないの?」

そうとも言えません。1万人の相談に答えた恋愛マスター沖川東横氏によると“沈黙”は有効。でも、ただ単に黙っていればいいってもんじゃないんです。

160121mami1

(1)沈黙するなら“忘れて待て”

沖川氏の著書『メール恋愛 彼の心を引き寄せるメールテクニック』では、下記のように述べられています。

『彼を思い続けながら苦しんで待つのと、彼のことをすっかり忘れて待つのとでは、どちらのほうに分があるかというと、忘れて待ったほうが100倍も分があります』

つまり、「連絡しなくて大丈夫かな?」と疑心暗鬼のまま沈黙してもダメなんです。不安や焦りなどマイナスの感情は黙っていても伝わってしまうものです。

そういった感情が強くあると、沈黙さえも男性に重苦しく負のイメージで伝わり、一層「避けたい」「面倒臭い」「忘れたい」と思われかねません。

沖川氏によると、『男はコミュニケーションをシャットダウンすることで、嫌なことを忘れようとする』らしい。女性が苦しいときほどコミュニケーションを求めるのとは逆なんですね。

「ねえ、前ほど好きじゃないってこと? 気持ちだけ聞かせて」
「別れる前に、とにかく1度は会って話し合いたいの」

こういった言葉を多くの女性が口にしてしまいますが、愛を“忘れていたい”男性からすれば最も聞きたくない、逃げたくなるセリフです。沈黙してもこんな感情を持ち続けていたら意味がありません。

愛を忘れるのが男性の恋愛テクニックなら、女性もこれを学んで“とにかく忘れる”ことが得策です。

(2)沈黙するなら“本気の自分磨き”

とはいえ、恋愛中に彼のことを完全に忘れるって難しいですよね。でも、そうしなければ愛が戻って来ないとすれば、不安になる心を何とかして他に向けるしかありません。

そこで登場(?)するのが、これまたよく耳にする“自分磨き”! 「なあんだ、それはもう耳にタコができるくらい聞かされてるしぃ……」と口をとがらせている方もいらっしゃるとは思いますが、でも! ただの“自分磨き”じゃない、“本気の自分磨き”と考えてみてはいかがでしょう?

“中途半端に沈黙して、彼を思いながら苦しんで片手間にする自分磨き”と、“彼を忘れ、集中して本気で励む自分磨き”では大きな差があります。

仕事のスキルアップでもいい、趣味のスポーツでもいい、彼を見返すための美の追究だって構いません。集中して、死に物狂いで取り組んでみましょう。

“沈黙”=“相手に対して何かする”ととらえるんじゃなく、“自分自身に対して行動するための時間”だと思える人は、よい結果を引き寄せやすくなります。


いかがでしょうか? 男女の仲は千差万別ですので、必ずしも復縁が成功すると断言はできません。しかし、沖川氏の言うように、沈黙期間を“あなた自身を高める最高の機会”にできたら彼との仲も次のステージへ向かう可能性があるでしょう。

心してかかる“沈黙”が、勇気ある愛のテクニックの1つだということは間違いないと思います。

【参考文献】
・『メール恋愛 彼の心を引き寄せるメールテクニック』沖川東横・著

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする