晩婚化の原因は? 32歳以上の男性に聞いた“結婚しないワケ”8つ

こんにちは、仲人士の忽那里美です。都内で結婚相談所を経営しています。また、相談所とは別に20代~70代の男性・女性の恋愛相談にも乗っております。

昨今、日本の“晩婚化”が進んでいる……とよく話題に上ります。今回のコラムは“晩婚の理由について”です。該当する方々の生のインタビューを通して見えてきた“理由”を8項目にまとめました。第一弾は【男性編】です。

男性32歳・女性30歳を過ぎると晩婚?

そもそも、“晩婚”とは何歳からだと思われますか? 実はきちんとした年齢の定義はありません。辞書で“晩婚”を調べると、「普通より遅い年齢でする結婚」とあります。

それでは、“普通の結婚年齢”は何歳だ? ということですが、「日本人の平均初婚年齢」を参考にしてみます。

夫:31.1歳/妻:29.4歳(平成26年)
(厚生労働省 平均初婚年齢の年次推移参照)

上記年齢より遅い結婚を晩婚とするならば、男性32歳・女性30歳からということになるでしょうか? イメージとしてはもう少し上かな? という感想をお持ちの方も多いと思いますが、今回のコラムはこの年齢をベースに話を進めてまいります。

160118kutsuna

32歳以上の男性が語る“結婚しない理由8つ”

32歳以上の男性に聞きました。「あなたが結婚しない・できない理由は何ですか?」。

(1)安定収入が得られない、または今後の収入に不安がある

圧倒的にこの理由を挙げられる方が多いです。男性は、「結婚=妻・子どもたちを養っていく」という意識がとても強いです。不況が続く中、右肩上がりに給与が上がる見込みはなく、非正規社員も増えていることから、「自分のことで精一杯。余裕がない」と話す男性が多いです。

(2)出会いが無い

「男ばかりの職場・環境にいて、そもそも出会いがない」と嘆く男性。そうであるならば、休日に女性と出会える“サークル”などに入会することをオススメしますが、「疲れている」「そこまでする気はない」などいまひとつ重い腰が上がらないようです。

(3)引っ込み思案

「学生のころからずっと、女性にどう声をかければいいのかわかりませんでした」と相談される男性が多いです。また、勇気を出して声をかけても、一度断られるとすぐに諦めてしまうそう。「自分が傷つくのが怖い」「拒絶されるくらいなら誘わない」と尻込みをされるケースを何度も見てきました。

(4)失恋の痛手

男性に多いパターンですが、「以前お付き合いしていた女性がまだ心に残っていて次に進めない」という話をよくお聞きます。男性の方が女性より、過去の恋愛を引きずる傾向があります。「気持ちを切り替えて、未来を見ませんか?」とアドバイスすることが多いです。

(5)親(特に母親)の干渉

相談所への入会にあたり、お母さまからのお問合せをいただくことがあります。「何とかしてください!!」とお電話をかけてこられる方もいらっしゃいます。

また、お見合いをされた後、男性に感想を伺うと「母親から、ちょっとあなたに合わないんじゃない? と言われましたので……」と返事をされる方もいます。「結婚はお母さまがするのではなく、あなたです」と思うのですが……。

(6)両親の介護

40代以降の男性に多い相談ですが、ご両親の介護をしているため、結婚を躊躇する方もいらっしゃいます。「お相手に負担をかけるから」というのが大きな理由です。

(7)持病(思い込みも含む)

(6)と異なり、ご自身の健康に不安があるというお悩みも受けます。ストレス・プレッシャーが多い中、「子どもを授からないかもしれない」という不安から結婚に踏み切れないとおっしゃいます。

(8)理想の女性像とのギャップ

「女性はこうあるべき!!」という思いが強く、少しでもそぐわない部分が出てくると「運命の人ではない」と拒否する方がいらっしゃいます。「完璧な人などいない」「お相手のいい部分に目を向ける」「いい意味での妥協をする」と考えることが必要ではないでしょうか?


以上、8項目にまとめました。私がご相談をお受けするのは、結婚の意思はあるけれどもお相手が見つからないという男性ですが、そもそも「結婚自体に魅力を感じない」「一生結婚するつもりはない」という男性も多くいらっしゃるでしょう。

今回のコラムは晩婚化が進んでいる理由【男性編】でした。近いうちに【女性編】もお送りします。男性とは異なる理由がありますので、ご期待ください。

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする