マンネリ関係に終止符! 長年付き合った恋人を傷つけずに別れる心理テク

【相談者:30代女性】
長く付き合った彼氏と別れたいです。マンネリで気持ちも冷めているのに、ズルズル続けてきました。彼は私のことをいて当たり前のように思っていて、なかなか言い出せません。

怒らせると面倒くさいタイプだし、長年の情はあるので傷つけず上手く別れたいのですが、どうすればいいでしょうか? 気持ち良く次にいきたいです。

a 愛称はNG! 丁寧語と、すでに「別れた」前提の会話で彼に暗示をかけましょう。

こんにちは。女優&ライターのmamiです。ご相談ありがとうございます。

俗に言う「腐れ縁」ということでしょうか。1つお聞きしたいのですが、相談者さんは彼のことを何と呼んでいますか? 名前を呼び捨て? あだ名? それとも名前にクンをつけて「○○クン」とか……?

別れを決意されたのなら、今日から名字で呼びましょう。「○○さん」。ちょっと唐突過ぎるならクンでもいいです。名前じゃなく、名字の方につけて「○○クン」、と。

呼び方を変えるだけで、彼は相談者さんが遠くにいってしまったような感覚を覚えます。呼び名から変えるのが難しければ、普段の会話でいいのでできるだけ丁寧な言葉で話すのもいいでしょう。

なぜなら、“丁寧語は、他人との心理的距離を遠ざける表現”なのです。心理学者、内藤誼人氏の著書を参照してご説明しましょう。

160118mami

「丁寧語作戦」のススメ

離婚調停を手がけている専門家によると、相談にくる夫婦のほとんどは、「慰謝料については、すでにこちらの意見を申し上げていますけれど……」「そちらの意見は先日おうかがいしました」などというように、とても丁寧な言葉を使うといいます。

戸籍上まだ夫婦関係にあったとしても、心が離れていると他人行儀になるものです。

怒らせると面倒くさい彼、長年の情もある彼に、「別れましょう」なんて面と向かって言いにくいでしょうし、話がこじれる可能性もあります。

それを避けるためには、まず“お互いの心理的距離を遠ざける”丁寧語で話すように心がけ、「私の気持ちは、もうあなたから離れたのよ」というアピールをしておきましょう。

上手に別れるテクニック『前提暗示法』

別れの高等テクニックとして、『前提暗示法』という方法があります。すでに「別れた」ことを前提にして会話をし続け、「もう私たちの関係は終わったのよ」という暗示を彼に与えてしまうやり方です。

『(前提暗示法を使い)すでに「別れた」ことを前提におしゃべりしましょう。こうすれば、わざわざあなたから別れの言葉を切り出さなくとも、男性のほうから関係を終わりにしてくれるはずです』

たとえば、相談者さんから最低でも半月は連絡を絶ってみましょう。そのまま自然消滅できるならそれもよし、彼の方から連絡が来たとしたら、前提暗示法を使ってみてください。

「私たちの気持ちがこんな風に離れるなんてね」「今度は、○○さんよりいい男を見つけるつもりよ」……こんな感じに話すことで、彼に何週間も会っておらず連絡もなかったのは「もう別れたのと一緒」という暗示を与えることができます。

あなたは眠くなる、眠くなる……という催眠術の原理で、人間は暗示にかけられると弱いのです。会話の中で何度も何度も「すでに別れた」ことを暗示しつづけると、彼の方も「そうか、俺たちはもう別れたのか」と思い込んでくれるようになります。

ただ、暗示法には3つの注意点があります。

(1)何度も繰り返す

会話の中で「別れた」という言葉を何度も多用するようにしてください。

(2)リラックスさせる

緊張している相手には暗示が効きにくくなります。できるだけ落ち着いた声で、彼を興奮させないような会話にもっていくこと。

(3)自信を持って話す

話す本人が別れに積極的でないと自信のない調子になってしまいます。「本当に私は別れたい」と強い意志をもって暗示をかけてください。心のどこかに関係を修復する希望を持っていると暗示は弱まります。


いかがでしょうか。まずは呼び名を他人行儀に、会話は丁寧語を心がける。タイミングをはかって距離をあけ、しばらくぶりに会話するときは、すでに「別れた」という前提で話をすすめていけば自然に彼も別れを理解してくれる……以上が本日のお答えです。

古い衣をスッキリ脱ぎ捨てて、新しい恋に踏み出せるといいですね。

【参考文献】
・『男と女の心理戦術』内藤誼人・著

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする