イエスマンは卒業! 嫌われずに相手の要求をうまく断る方法

【相談者:20代男性】
自分の断れない性格にほとほと嫌気がさしてます。先日、職場で雑用を押しつけられて断り切れずに遅くまで残業してしまいました。

プライベートでも、「脈はないな」と思っている女の子にいいように使われてしまっている自分がいます。どうしたらきっぱり断れるようになれますか?

a まずは自分の状況を伝えることからはじめてみましょう。

こんにちは。恋愛コーチの田端裕司です。ご質問ありがとうございました。

頼まれて「ごめんなさい」と言いにくいときって誰にでもあります。では、上手に断る人とそのまま引き受けてしまう人の違いはどこにあるのでしょうか。まずは人の心理を考えてみましょう。

160115tabata1

断れない人は、嫌われるのが怖い人

断ろうと思ったら、いろんな気持ちがわいてくると思います。断ったら相手との関係がどうなるだろうかとか、嫌われてしまわないだろうかとか。

こういう人の気持ちを、心理学の世界では『承認欲求』と呼びます。ザックリ言うと他者から好かれたい、認められたいという感情です。

断ることに抵抗を感じてついつい引き受けてしまうのは、この承認欲求が強いからです。やっぱり、人間誰しも嫌われたくないもの。しかし、いろんな事情で引き受けたくないこともあるのが当たり前です。

断るときにまず考えなければならないことは相手の気持ち

では、そんなときはどうやって断ればいいのでしょうか。簡単なのは、「できません」「やりません」とはっきり主張することです。ただし、はっきり言うことによって相手に不快感を与える可能性があります。

なぜなら、相手も一方的に断られることによって自分の中にある自尊心を傷つけられるからです。結果、相手との関係がギクシャクしてしまうケースが起こり得ます。

それはあなたの望むところではないでしょう。ゆえに、相手の気持ちにも配慮しながらどう伝えるかが重要になってくるのです。

ただ、人に自分の気持ちを伝えるのはなかなか難しいものです。ましてや、お断りをするときはなおのことでしょう。面と向かってでもうまく伝わらない場合もあるのですから。

上手に断るためのはじめの一歩は、自分の状況を伝えること

だから、まずは相手に自分の状況を伝えることからはじめてみてください。たとえば、「自分の仕事を○日△時までに完了しなければならないので、手がいっぱいです」と。プライベートなら、「今日は□□という用事がある」という感じで。

自分の状況を伝えることによって、相手にもあなたに本当に頼まなければならないことなのか考えさせる機会を与えることになります。そして、それでも頼むかどうかは相手の判断です。ほとんどの場合は引きさがってくれるでしょう。

もちろん、どうしてもという事情があって頼んでくるケースもあると思います。そういった場合は引き受けることによって、相手に恩を売るチャンスでもあります。

やってあげることによって、「無理をして引き受けてくれた」とあなたの好感度があがります。相手からだけではなく、その光景をみていた周囲の人たちからも。

単に頼まれたことに対して「しょうがないな」と引き受けるのではなく、ワンクッションおいてみてください。断り上手への道はそこから始まります。

●ライター/田端裕司(恋愛コーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする