ココが見られてる! 社内恋愛できない“女性に嫌われる上司”4タイプ

【相談者:30代男性】
部下の女性を好きになりました。部署が同じなので、毎日顔を合わせたり、仕事上の会話をしたりする機会があります。ただ、社内恋愛は初めてなので、毎日どうコミュニケーションを取ったら良いのかわかりません。

会う機会が多いと、そのぶん嫌な思いをさせる場面が増えてしまうのではないかと不安なのですが、“ここだけは気をつけて!”というポイントがあれば教えてください。

a 「言わなくてもわかるだろ」だけは気をつけて!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

女と男とでは、ものの考え方が違うといわれています。男性が女性のために“こうすべき”と思って実行したことで、女性側がそっけない感じや、不快感を感じてしまうことも。毎日顔を合わせる間柄なら、なおさら日々のコミュニケーションに注意したいですね。

男性と女性の大きな違いは、コミュニケーションを大切にするかしないかにあると思います。

男性は、小さなことなら「言わなくてもわかるだろう」「そっとしておくべきだろう」と思う傾向が強いようですが、女性は「声をかけてほしい」「気にかけてほしい」と思っています。

160115nao

女が嫌いな上司のタイプ4つ

立正大学の齊藤勇教授が著書『面白いほどよくわかる! 「女」がわかる心理学』の中で紹介している“女が嫌いな上司のタイプ”は次の4つ。これを抑えておくことで、どんなふうに接すると良いかが見えてきますよ。

(1)口ばかりで仕事をしない
(2)責任をとろうとしない
(3)上の人にごますりばかりをする
(4)話を聞かず理不尽に怒る

女性は、男性に「優しくされたい」「頼りたい」と思う傾向があります。そのため、細かなことでも気づいて声をかけてくれる男性や、職場で活躍し、多くの人に認められている男性に魅力を感じるのです。

特に職場恋愛の場合は、男性が周りの人たちからどのように思われているかを感じ取りやすいため、注意が必要。

しっかり仕事をこなさなかったり、無責任な態度をとったり、ごますりばかりしていれば、頼りがいがないと感じて幻滅されてしまうでしょう。

また、女性は感情的にものごとを考える傾向が強く、コミュニケーションを通して相手の気持ちを感じます。そのため、“相手にしない(無関心・話さない)”“話を聞かない”などのコミュニケーション不足はNG。

少しのことでも気にかけ、話しかけてあげるのがおすすめです。

部下の女性とのコミュニケーションでは、頼りがいのある上司の姿と細やかな気遣いを上手にアピールすることが大切。尊敬できる一面を垣間見たり、自分のことを気にかけてくれている優しさを感じ取ったりすることで、部下の女性も相談者さんに好意を持ちやすくなりますよ。

【参考文献】
・『面白いほどよくわかる! 「女」がわかる心理学』齊藤勇・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする