2つのホルモンが鍵!? 血糖値をコントロールして健康的にやせる方法

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。

毎年のことながら年末年始の連休明けにはダイエットのご相談が増えます。分かってはいてもついつい食べ過ぎ飲み過ぎが続いてしまい、気が付くとお腹がポッコリ、もしくはウエストがサイズアップ。

そこで今回は、肥満に大きく関係する2つのホルモンから健康的なダイエット法をご紹介したいと思います。

血糖値のコントロールに関わる2つのホルモン

低インスリンダイエットや低炭水化物ダイエットでよく聞くのが『インスリン』というホルモン。

炭水化物を取ることで血糖値が上がり、インスリンが分泌され血液中のブドウ糖を各組織に取り込み血糖値を下げます。この、血糖値を上げないように炭水化物を避けるというのが低炭水化物ダイエット。

空腹時に甘い物や炭水化物をいきなり食べると急激に血糖値が上がり、インスリンが大量に分泌され急激に血糖値が下がり、また甘い物が欲しくなるという悪循環を招くというのはご存じの方も多いでしょう。

ここで注目すべきは、血糖値を下げ過ぎないよう血糖値を上げる働きをする『グルカゴン』というホルモン。インスリンとは真逆の働きをしますが、ある程度の血糖値を維持することで、血糖値が下がると感じる空腹感を抑えることができるのです。

160114sayuri

グルカゴンの分泌を促すタンパク質

「カロリーが高そうだから」「ヘルシーだから」と肉類などのタンパク質を避け、野菜ばかりの食事をしているダイエット女子をよく見かけますが、実はグルカゴンは特にたんぱく質を取ることで分泌が促されます。

もちろんタンパク質不足の食生活では、仮に減量に成功しても筋肉が落ちてしまったり、お肌が荒れたりして決して魅力的な痩せ方にはなりません。

そして減量中のつらい空腹感との戦いも、タンパク質を取ってグルカゴンの分泌をある程度促すことで軽減されるのです。

減量中の黄金比

血糖値のコントロールが減量の大きなポイントとなるわけですが、炭水化物とタンパク質、野菜のバランスを取ることで、インスリンとグルカゴンのバランスを保つことができるのです。

その理想的ともいえる黄金比は、炭水化物:タンパク質:野菜のバランスを1:2:3にすること。意外とタンパク質の摂取量は多いのです。

そして、野菜、タンパク質、炭水化物の順番を厳守してしっかりよく噛んで食べることです。野菜と大きく分類しましたが、海藻類やキノコ類も合わせて3と考えていいということ。

そして冷たいサラダだけに偏らず、具だくさんのお味噌汁や鍋物など、体を温めることも意識するとさらにいいでしょう。

【参考文献】
・総務省認証 予防医学学術刊行物『ほすぴ』

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする